札幌ドーム文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

トップページ > 新着情報
2016/10/17 お知らせ
『札幌ドームECO MOTION』が第5回いきものにぎわい企業活動コンテスト「環境大臣賞」を受賞しました
株式会社札幌ドーム(以下当社)は、大成建設株式会社さまと共同で取り組んでいる、環境にやさしい札幌ドームを目指す取り組み「札幌ドームECO MOTION 〜いきものの豊かな環境づくりと未来を担う子どもたちへの環境啓発〜」が、第5回いきものにぎわい企業活動コンテスト(※1)において、「環境大臣賞」を受賞しました。

今回受賞した「札幌ドームECO MOTION 〜いきものの豊かな環境づくりと未来を担う子どもたちへの環境啓発〜」は、札幌ドームの樹林や水辺、草地などの多様な環境を有する約31haの敷地をフィールドとした活動です。
札幌ドームの建設に携わった大成建設さまは、札幌ドームの建設計画段階から参画するとともに、1997年から中心となってモニタリングを実施しています。

当社は、このモニタリング結果を積極的に活かし、環境がより良好になるよう、森を極力自然な姿に育む、多様な草地を確保する、など
状況に応じた管理を行ってきました。また年間約300万人もの人々が来場する施設の特性を活かし、
モニタリングの成果やその自然豊かなフィールドを広く情報発信するとともに、特に次代を担う子どもたちに向けたパンフレットやウェブサイトなどの啓発ツールを整備。これらのツールを活かし、自主開催するイベントに環境啓発ブースを出展しているほか、近隣小学校の児童を招待し、環境学習の機会を提供しています。昨年からは、敷地内で夏休みの自然観察会を行い、身近に自然に触れ親しむ機会を提供しています。

今回の受賞に際し、コンテスト主催者さまより「札幌ドーム建設の施設計画段階から多様な生きものが生息できる環境の創出を目指し、施工業者と施設管理者が連携して、モニタリング及び順応的管理、自然観察会等を行っている。長期(18年間)にわたり創出した環境の保全管理を行っている点が評価できる。」と講評いただきました。

当社は今後も、大成建設さま、イベント主催者さま、関係各事業者さま、そして札幌ドームにご来場いただくお客さまにご協力をいただきながら、
札幌ドームにおける多様な生物が生息する環境の保全を推進し、豊かな環境づくりに貢献していきます。

(※1)いきものにぎわい企業活動コンテストは、2010年「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」を契機に、日本の企業等による生物多様性の保全や持続的な利用等の実践活動が活性化したことに着目し、優れた実践活動を継続的に顕彰し、広く内外に広報することによって、活動のさらなる広がりを推進することを目的としています。


『札幌ドーム生き物マップ』
http://www.sapporo-dome.co.jp/kankyo/ikimono_map/index.html
敷地内に暮らす生き物(鳥・チョウ・トンボ)について詳しくご覧いただけます。