誕生ストーリー

札幌ドームが開業15周年を迎えたある日のお話です。
その日は、札幌ドームが太陽の光に反射してキラキラとし、暖かい木漏れ日がさしていました。やさしい風が吹き、木々の葉っぱが嬉しそうに揺れました。
そのとき、「コロン」という音とともに光がはじけ、妖精が生まれました。
「・・・何の音だろう?」
不思議に思った鳥やリスたちがあたりを見回すと、妖精がきょとんとして、あたりをきょろきょろ見回しています。
世話好きの小鳥が話し掛け、「きみはなにものだい?」と聞いてきます。
ほかの生き物たちも木陰からその様子をそっと見守っています。
何も分からなかった妖精でしたが、札幌ドームに暮らす生き物たちは妖精をやさしく受け入れてくれました。
やがて、妖精は「チャームコロン」と名付けられ、「チャーム」の愛称で生き物たちに親しまれるようになりました。
仲良くなったさまざまな生き物たちから、札幌ドームでこれまであったことを教えてもらったり、生き物たちと一緒に遊んだりしているうちに、チャームコロンは札幌ドームが大好きになりました。そして、もっとこの魅力を多くの人に伝えたいと思うようになりました。
その日は、札幌ドームが太陽の光に反射してキラキラとし、暖かい木漏れ日がさしていました。
やさしい風が吹き、木々の葉っぱが嬉しそうに揺れました。
そのとき、「コロン」という音とともに光がはじけ、妖精が生まれました。
「・・・何の音だろう?」
不思議に思った鳥やリスたちがあたりを見回すと、妖精がきょとんとして、あたりをきょろきょろ見回しています。
世話好きの小鳥が話し掛け、「きみはなにものだい?」と聞いてきます。
ほかの生き物たちも木陰からその様子をそっと見守っています。
何も分からなかった妖精でしたが、札幌ドームに暮らす生き物たちは妖精をやさしく受け入れてくれました。
やがて、妖精は「チャームコロン」と名付けられ、「チャーム」の愛称で生き物たちに親しまれるようになりました。
仲良くなったさまざまな生き物たちから、札幌ドームでこれまであったことを教えてもらったり、生き物たちと一緒に遊んだりしているうちに、チャームコロンは札幌ドームが大好きになりました。そして、もっとこの魅力を多くの人に伝えたいと思うようになりました。
これからたくさんの人に出会い、愛される存在になれるよう成長していく「チャームコロン」に注目です!