札幌ドーム 文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

トップページ > ドームを知る・お役立ち情報 > 札幌ドームの裏側 > 番外編 大型映像設備更新工事の裏側 第1回
大型映像設備更新工事の裏側
2014/12/16
【第1回】大型映像設備更新工事の裏側

━━大型映像設備のいま

前回の【予告】ページでは、2001年の開業時から使用されていた大型映像設備がその役目を終え、本格的な工事が始まっていることをお伝えしました。

あれから約3週間。まずは本日の様子をご覧ください!

▲外野ライト側大型ビジョン(2014/12/16撮影)

▲サブスコアボード(2014/12/16撮影)

残念ながら、どちらも幕で覆われて、どうなっているのかわからない状態になっています…。
工事で使う部材を誤って落下させて人や建物を傷つけないように、工事中に発生する火花によって火災が発生しないように、そしてコンサートなどのイベント開催時に工事中の様子をお見せして楽しい気分を台無しにすることがないように、このように目隠しをしています。

では、目隠しをする前はどんな状態だったのでしょう?

▲外野ライト側大型ビジョン(2014/12/5撮影)

▲サブスコアボード(2014/11/30撮影)

外野ライト側大型ビジョンは、着々と「既存設備の解体」が進められました。表示パネルを外され、鉄骨を解体され、どんどん小さな姿に…。あんなに堂々とそびえ立ち、イベントを盛り上げてくれた頃が嘘のようです。
今後は1月に「新設設備の鉄骨組み立て」が待っています。

火花を散らして鉄骨を解体▶
(2014/12/3撮影)

◀大型ビジョンの中に入った作業員が表示パネルを外す
(2014/11/27撮影)

◀コントロールルームの様子
(2014/11/27撮影)

サブスコアボードは、ライト側ビジョンと同じ作業が一足早く進められ、12月1日にはすでに幕が張られました。サブスコアボードの左斜め下には、大型映像設備を操作する「コントロールルーム」と呼ばれる部屋があり、この部屋も機材をそっくり入れ替えるための作業が進められています。

そして、つい3週間前には何もなかった外野レフト側には、すでに新たな大型ビジョンの「鉄骨」が姿を現しています。
写真では伝えきれないのが残念ですが、解体された外野ライト側大型ビジョンの約1.6倍の大きさだけあって、ものすごい存在感です。
今回は、この外野レフト側大型ビジョンの「鉄骨組み立て」の様子をご紹介していきます!

▲外野レフト側に現れた大型ビジョンの鉄骨(2014/12/9撮影)

━━まずは、足場の組み立て

外野レフト側大型ビジョンの足場の組み立ては、大型映像設備が稼働する最後のイベントがあった次の日、11月25日から始まりました。
右の写真、どこで撮影したものかわかりますか?
北ゲートから入って1階コンコースを左にずっと進んでいくと行き止まりになるのですが、その少し手前にある階段のところです。ここに、2階の通路をうまくかわしながら、足場が組み上げられていきました。


▲外野レフト側に足場が(2014/11/26撮影)

2枚目と3枚目は、3階コンコースから2階を見下ろした写真です。11月29日は、1階からの足場が少し顔を見せているだけでしたが、3日後の12月2日には、2階からも足場が組み始められ、様子が一変しました。イベントがある日はお客さまでいっぱいのコンコースには、資材がずらっと並べられています。

2階にも足場が
(2014/12/2撮影)

◀1階から組まれた足場が顔を出す
(2014/11/29撮影)

━━新たな大型ビジョンが姿を現す

▲アリーナから鉄骨を運ぶ
(2014/12/4撮影)

◀クレーンで運ばれた鉄骨を受け取る
(2014/12/4撮影)

足場が完成したあとは、いよいよ大型ビジョンの支柱と外枠となる鉄骨の組み立て作業が始まりました。
アリーナに運び込まれた鉄骨は、クレーンで持ち上げられ、大型ビジョンの設置場所へ。クレーンは天井スレスレを通っていくので思わずヒヤヒヤしてしまいますが、決してぶつけることはありません。さすがプロの技です。
大型ビジョンの設置場所では、狭い足元のなか、命綱となる安全ベルトを縄につなげて、作業員が鉄骨を待ち構えていました。こちらも見ているだけで鳥肌が立つような状況ですが、次々と運ばれる鉄骨を慎重かつ正確につなぎ合わせていきます。

▲鉄骨の到着を待つ作業員の命綱は黄色い縄に(2014/12/4撮影)

これからさらに
横幅が広がりました
(2014/12/7撮影)

こうしてどんどん鉄骨が組み立てられ、縦に、横に、ぐんぐんと大きくなりました。ここに表示パネルが設置され、高画質な映像が大画面で楽しめると思うと、わくわくしますね! 解体が終わった外野ライト側にも、同じ大きさの大型ビジョンが作られていきます。左右対称に並ぶ二つのビジョンを見るのも楽しみです。

━━1月には表示パネルが

来月には、いよいよ表示パネルの設置作業も始まります!表示パネルは、三菱電機長崎製作所で作られていて、今まさに総仕上げの真っ最中です。これから九州〜北海道の長旅を経て、札幌ドームへやってきます。無事に到着するよう、皆さんも祈っていてくださいね!

それでは、次回の更新もお楽しみに!

「大型映像設備更新工事の裏側」トップページへ戻る