札幌ドーム 文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

トップページ > ドームを知る・お役立ち情報 > 札幌ドームの裏側 > 番外編 大型映像設備更新工事の裏側 第3回
大型映像設備更新工事の裏側
2015/3/2
【第3回】大型映像設備更新工事の裏側

━━大型映像設備のいま

前回の【第2回】で「表示パネル」の特長や設置の様子についてお伝えしてから、1か月以上が経ちました。
まずは本日の様子をどうぞ!

2つの大型ビジョン、そしてサブスコアボードのすべての工事・調整作業が終了し、本日は、報道関係の皆さまにお越しいただき完成した設備のお披露目を行いました。
冒頭では、新しくなった設備の魅力を感じていただくために、オリジナル映像をご覧いただきました。より大きく、より美しく、より楽しくなったことをお伝えするには、やはりご自身の目で見ていただくのが一番です。

▲報道公開の様子(2015/3/2撮影)

ご出席いただきました北海道日本ハムファイターズ代表取締役社長・津田敏一さま、北海道フットボールクラブ代表取締役社長・野々村芳和さまも、新たな大型映像設備を使用した試合演出に期待を寄せてくださいました。

さて、新・大型映像設備は明日いよいよデビュー戦を迎えます。「大型映像設備更新工事の裏側」の最終回となる今回は、デビュー戦に向けて行われてきた試験運転・操作トレーニングについてご紹介したいと思います。

━━そもそも、どこで操作しているの?

大型ビジョンとサブスコアボードを操作する部屋は「コントロールルーム」と呼ばれています。ここでは、館内の音響や照明の操作をすることもできます。その「コントロールルーム」が一体どこにあるのか、ご存知でしょうか?
第1回でも少しご紹介しましたが、サブスコアボードの左斜め下、一般のお客さまはなかなか足を踏み入れることのない「4F」にあるガラス張りの部屋が「コントロールルーム」です。
アリーナを見渡すことのできる位置にあり、野球やサッカーの試合開催時には、試合の展開を見ながら瞬時にスコアボードを操作します。

━━室内の様子、ビフォー&アフター

コントロールルーム内にある機器も、大型ビジョン同様、開業以来ずっと同じものを使用していました。
更新前の様子がこちらです。

▲更新前のコントロールルームの様子①

▲更新前のコントロールルームの様子②

旧大型ビジョンとともに、これらの機器が最後の仕事を終えたのは、2014年11月23日のことでした。その数日後には、右の写真のような状態に。機器が撤去され、床材がはがされ、張り巡らされた配線がむき出しになっています。

◀撤去作業が進む
コントロールルーム
(2014/11/27撮影)

12月9日、室内はガランとして何もない状態になりました。ガラス面は、傷がつかないように幕で覆われています。この後、改装工事を1か月ほどかけて行いました。

◀(2014/12/9撮影)

年が明けて2015年1月11日、新しい機器の搬入作業が始まりました。入口のドアから、どんどん機器が運び込まれます。ガランとしていた室内も様変わり。搬入された機器は所定の位置に固定され、配線作業なども滞りなく進みました。

そして、完成した新・コントロールルームはこちら!

◀▼(2015/1/11撮影)

▲(2015/3/2撮影)

▲(2015/3/2撮影)

最新技術がつまったピカピカの機器がずらりと並び、明るい雰囲気になりました。テーブルには、札幌ドームのロゴマークと同じ青の「ドームブルー」があしらわれています。

━━まずは勉強会

2月16日からの4日間では、映像送出などの操作を行う株式会社オーテックのスタッフたちが、メーカー技術員から説明を受けながら勉強会を行いました。機器の操作方法が変わったため、新しいやり方に慣れるまで一苦労。
操作担当者が改善要望を出し、メーカー技術員が設定変更を行う、というやり取りも行われました。
4日間の勉強会が終わったあとも、操作担当者たちは毎日のようにコントロールルームに来て、デビュー戦に向けて様々な準備や操作確認を行いました。

▲▶
送出機器の周りに集まり説明を受ける
(2015/2/18撮影)

━━最終確認、実践トレーニング!

2月25日には、野球とサッカーの試合開催を想定して、実践トレーニングを行いました。試合時の大型ビジョン操作に関わるスタッフは約10人。アリーナと機器を交互に見つめる目は真剣そのものでした。
それぞれの動き、スタッフ同士の連携を念入りに確認し、約3時間にわたる実践トレーニングも無事終了。明日3月3日に開催されるプロ野球オープン戦、そして3月15日に開催されるJリーグ公式戦への準備は万端です!

▲映像を切り替える
「スイッチャ―」
(2015年2月25日撮影)

▲「スロー再生送出機」
(2015年2月25日撮影)

▲「スコア操作機」
(2015年2月25日撮影)

▲映像送出方法の設定する
「送出セレクトパネル」
(2015年2月25日撮影)

━━おわりに

これにて、「大型映像設備更新工事の裏側」はおしまいとなりますが、新・大型映像設備の仕事はいよいよ明日から始まります!これまでご紹介してきた様々な「裏側」を頭の片隅におきながら、完成した大型ビジョンの活躍を皆さまの目で確かめてくださいね。
本ページをご覧いただきました皆さま、誠にありがとうございました!

「大型映像設備更新工事の裏側」トップページへ戻る