札幌ドーム 文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

トップページ > ドームを知る・お役立ち情報 > 札幌ドームの楽しみ方 > ドームツアー・展望台

ドームツアー・展望台

試合やイベントが無い時は、ドームの裏側を見学できるほか、
高さ53m・国内唯一のドーム展望台に上ることができます

ドームツアーで裏側を巡る
約50分のドームツアーでは、ツアーアテンダントの案内でロッカールームやブルペンなど、ふだん見ることのできない場所をご覧いただけます。見学の合間には、札幌ドームならではの「野球モードからサッカーモードへの転換」の様子をVTRでご覧いただくほか、ファイターズ選手が使用したバットやヘルメットを手に取って記念撮影もできます。
また、イベントがある日でも、ファイターズ戦ナイトゲーム開催日は10:00〜12:00のみドームツアーの営業を行っています(試合準備の都合でお休みの場合もあるので事前に要確認)。時間に余裕があれば、ドームツアーで札幌ドームの裏側を見学後、ほかの観光スポットに一旦移動し、夜は試合観戦で再び札幌ドーム、というプランも可能です。
日によって少しずつ異なる見学ルート
ドームツアーの見学ルートは日によって異なるのですが、おもに以下の2パターンあります。

(1)イベントが無い日のパターン

⇒グラウンド、スタンド(観客席)、ブルペン、選手ロッカールーム(ビジター用)、監督室などを巡ります。
イベント開催の都合により変更になる場合があります。

(2)ファイターズ戦ナイトゲーム開催日のパターン

⇒(1)と大体同じなのですが、選手の荷物が入るため選手ロッカールームを見ることができません。が、その代わりに野球モードのグラウンドを外野まで歩き、外野スタンド(開閉式可動席)の真下をくぐり抜けるルートとなります。外野手の目線を疑似体験できるほか、高さ5.75mの外野フェンスを間近で見ることができます。

このほかにも、サッカーモードの日ならサッカーピッチのそばまで行けることがあったり、場面転換作業日なら迫力ある作業風景をスタンドから見ることができたりと、見学ルートは様々なパターンがあります。同じ日でもスタート時刻によってルートが一部変わることも。ウェブサイトでもお伝えしきれないほどなので、見学箇所にこだわりたい方はお手数ですがお電話で事前に確認をお願いします。


展望台でグラウンドと札幌市街を眺める
国内唯一のドーム展望台。札幌ドームの屋根から札幌市中心部に向けて突き出ています。屋外の大パノラマが楽しめるだけではなく、屋根の内側ではグラウンドを見下ろせるのも特徴です。遠くの景色を見るためのテレビ望遠鏡や、記念撮影用の手持ちボードも設置しています。
ほかにも、天井裏に走る作業用通路「キャットウォーク」や、札幌ドームの巨大なステンレス屋根を間近に見ることができますし、2009年と2013年に開催されたプロ野球オールスターゲームの出場選手全員のサインボールも展示されています。
展望台の上り下りは、幻想的な青い光に包まれる「空中エスカレーター」で。車いすにも対応しています。
無料で見学できるメモリアルコーナー
札幌ドームの開業(2001年6月2日)からの歴史を紹介するメモリアルコーナー。コンサドーレおよびファイターズの紹介はもちろん、2002FIFAワールドカップやサッカー日本代表戦の記念品、そしてコンサートでファンを魅了したアーティストの直筆サインなど、札幌ドームのお宝といえる貴重な記念品がたくさん!ドームツアー・展望台ご見学の際はぜひお立ち寄りください。
また、メモリアルコーナーの向かいには、札幌ドームで活躍した選手に贈呈される「札幌ドームMVP賞」の記念プレートも掲示され、これまでの「ミスター札幌ドーム」達の雄姿もご覧いただけます。

グッズショップとレストランも通年営業
北ゲート2の横には、通年営業のグッズショップ「グッズ☆ジャム」があります。両チームの応援グッズだけでなく、札幌ドームオリジナルのお土産アイテムも揃っていますので、ご旅行でのお立ち寄りでもぜひご覧いただきたいお店です。
また、レストラン「スポーツ・スタジアム・サッポロ」も、次の観光スポットに向かう前のランチや休憩にぴったり。ジンギスカンの鉄板焼きなど、北海道らしいメニューもあります。
駐車場も気軽に利用できる
試合やイベントが無い時は、ドーム駐車場を予約不要で利用できます。また、ドーム内店舗およびドームツアー・展望台で500円以上ご利用で、3時間まで無料となります。マイカーはもちろん、レンタカーでの北海道旅行の際も効率的に立ち寄りできます。

日によって異なる営業予定 事前にご確認を!
ドームツアー・展望台、駐車場の営業は、イベントの開催状況に左右されます。営業予定はウェブサイトにて事前に確認をお願いします。ウェブサイトでは、見学したい日の「アリーナの状態(野球モード・サッカーモードなど)」や、場面転換作業を見学できる日時も分かりますので、どうせ行くなら場面転換作業やサッカーモードをぜひ見たい!という方は要チェックです。
ご旅行で札幌を訪問される方、そして札幌市内にお住まいの方も、
札幌ドームにぜひお気軽にお越しください!