札幌ドーム 文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

トップページ > 会社情報・CSR・施設改善 > 札幌ドームオンラインリサーチ >2015年度 モニター座談会レポート
札幌ドームオンラインリサーチ
2015年度 モニター座談会レポート

株式会社札幌ドーム(以下当社)では、皆さまにとってより楽しく、安全・安心・快適にお過ごしいただける施設となるよう、皆さまからのお声に真摯に耳を傾け「お客さまとともに改善・進化する札幌ドーム」の実現に向けて取り組んでおります。

本アンケート「札幌ドーム オンラインリサーチ2015」では、モニターアンケート、モニター観戦、当社役員との座談会を開催しました。モニター観戦は、普段あまり観ていないイベントを一度ご覧いただく機会になれば、との趣旨で実施し、モニターアンケート回答の参考としていただきました。いただいたご意見はすべて社内で共有し、札幌ドームをより良い空間へ進化させるための参考とさせていただきます。

モニター座談会の結果につきまして、以下の通りご報告させていただきます。

実施概要
実施日・モニター人数 2015年10月2日(金)/5人(男性3人・女性2人)
2015年10月3日(土)/6人(男性3人・女性3人)
当社の座談会参加者 ・専務取締役  北野 靖尋
・事業副本部長 吉田 圭吾
・総務部長   佐々木 和規

・総務部総務課 オンラインリサーチ担当 若井 聡 菊地 圭児 北條 なお

座談会の流れとモニターさまのご意見・ご感想

館内見学

当社社員の案内で、これまでに改修した主な箇所(スタンド手すり・大型ビジョン・トイレなど)をご覧いただき、普段感じていることや感想をお聞きしました。

「市民の意見を聞いて迅速にやっているんだなと実感しました」(40代・男性)

「聞いたことの中に『来年には間に合う』とかいうことがあって、ちゃんと対応していると感じました」(50代・女性)

「大階段の手すりの付近の座り込みがサインによって減ってよかったです。いろんな意見を取り入れて改善されて嬉しいし、よりよくなってほしいと思います」(50代・女性)

昼食

レストラン「スポーツ・スタジアム・サッポロ」にて、ランチならびにファイターズ絶品グルメをお召し上がりいただきました。

座談会

弊社役員・オンラインリサーチ担当社員などを交え、「今後の札幌ドームに期待すること」などのテーマで意見交換を行いました。併せて、オンラインリサーチ企画に対してもご意見・ご感想を伺いました。

当社から:はじめに、当社の立ち位置、ならびに札幌市との関係について説明します。










札幌ドームは、2002FIFAワールドカップの開催を契機として札幌市が税金を投入して建設した公共施設です。建設費が422億円、土地代の115億円と合わせて537億円かかりました。これに建設のための借入金の利子を含めると660億円となる一大プロジェクト事業でした。国の交付金や、北海道の補助金などを除く札幌市負担は302億円。借入金395億円は30年償還で、最終償還年度は16年後の2031年度、2014年度末の残高は167億円と聞いています。

札幌市が建設した図書館や体育館・プールなどの公共施設の管理運営方法は現在二通りあり、
 ①図書館のように札幌市が直営で行う
 ②札幌市が指定した団体に行わせる
で、②は指定管理者制度といわれています。

当社は、札幌ドームの管理運営を行わせるために札幌市が1998年に資本金10億円で設立した株式会社です。ただし札幌市による全額出資ではなく、当社設立に賛同いただいた地元関係企業など27法人が当社の株主です。札幌市は総株式の55%を持ち、株主総会を通じた会社経営に関する最終決定権を持っています。札幌ドームの運営には、人脈を活かしたイベント誘致や、イベント開催に合わせた不規則な勤務時間など、他の公共施設と異なる業務の特殊性があり、これにしっかりと対応するためには民間の経営ノウハウが必要なことから、人事異動があり勤務時間も決まっている札幌市職員による直営は当初から想定されていませんでした。一方で、税金を投入した公共施設としての公平性や公益性の確保も必要なため、官民の共同出資による第3セクター方式の経営がふさわしい、ということで現在の形になりました。

そこで、札幌市と当社の関係を敢えて何かの例に例えるなら、繰り返して短期間の利用ができる賃貸マンション、いわゆるウィークリーマンションを所有するオーナーと管理会社の関係に近いと思います。札幌ドームの建設費を負担したオーナーの札幌市から総合的な管理運営を任せられた会社が当社だということになります。

一般的なウィークリーマンションは、施設の大規模改修や更新、新たにエレベーターを付けるなどの設備投資はオーナーの負担で行い、管理会社は日常的な維持修繕を担当することになります。当社も基本的には同じような立場にあります。お金の流れでいうと、利用者からの利用料を直接受け取る管理会社は、その利用料から建物の維持管理費や光熱水費、そして自社経費を賄って、更にオーナーの利益も出さなければならないということになりますが、札幌ドームの場合、実は主催者さまからの利用料収入だけでは管理運営経費を賄いきれないため、事業としてお客さま向けに飲食サービスなどを独自に行い、足りない分を穴埋めしています。

具体的な数字で言うと、昨年度は施設の管理運営に約20億円かかり、各種イベントへの貸館に伴う収入が約17億円だったので、管理運営事業としては約3億円の赤字でした。札幌市の他の公共施設だとそもそも利益を出すような料金設定になっていないので、管理運営費の赤字分は「指定管理費」として税金で補てんされますが、札幌ドームでは、管理運営事業とは別の当社の自主事業、具体的には飲食・物販・広告事業などから生まれる利益でこの赤字分を補填しています。

そして、この自主事業による利益を、本来オーナー負担で行われるべき施設改修を代わりに行うなど、これまで様々な形で札幌市に還元してきたほか、会社の内部留保資金として将来の設備更新への備えとしています。

当社は昨年度、大型映像設備を約9億円(税込)かけて更新したため、開業以来初めて4億円を超える赤字決算となりました。資金はこれまで蓄えてきた内部留保資金を活用し、大型ビジョンを1面から2面に増やしたことなど、札幌市が行う場合以上のものを整備出来たと考えています。そして、完成後の大型映像設備は札幌市に寄付させていただきました。

今後とも、札幌ドームに来場されるお客様のご理解をいただきながら、内部留保資金の充実に努め、お客様により満足いただける札幌ドームの実現に力を尽くしていきたいと考えています。

館内の階段・手すりについて

「急な階段の解消をしてほしいです。あと10年、80歳になっても来られるか不安があります。難しい課題かと思うが高齢化社会に向けて、札幌ドームは特に高齢者も多いので常に心がけてほしいと思っています」(60代・男性)

「手すりを増設するなら、上り下りで左右を使い分けるとかいうことも考えていいのではないか。席が減るかもしれないが、一席分通路が広がってもいいと思います。さらにエスカレーターが何列かにひとつあったらと思います」(60代・男性)

「手すり両側設置は障がいのある方に向けてもいいと思うが、観戦の妨げになる可能性などあるのでいろいろ難しさはあるかと感じました」(30代・男性)

当社から:階段の傾斜についてのご意見は最も多いのですが、傾斜を直すには建て替えるしかなく、せめて上り下りを少なくするため、2007年にバックネット裏席を改修した際には2か所のトンネル階段を新たに作りました。しかしながら、現在の構造ではトンネルを作るのに適した箇所がこのほかに2か所しかありません。また、もしトンネルを追加出来たとしても、スタンド側の出入口付近に新たな通路が必要で、客席数の減少につながります。

客席数については、サッカー日本代表(A代表)の公式戦誘致に必要となる収容人数4万人を割ることがないよう工夫しながら改修工事を進めてきましたが、今後この4万という収容人数を札幌市がどう考えていくかが重要です。2020年の東京オリンピックサッカー、2019年のラグビーワールドカップなど国際的なスポーツイベントへの対応や、コンサートを含む各主催者さまの収益確保などの観点からは収容人数4万人を確保する必要がある中で、客席数確保と快適性追求は相反する関係でもありますが、施設面で出来ないことはソフト面でまだ何か出来ないか、ということも考えていきたいと思います。

エスカレーターも当社で設置を検討しました。しかしながらスタンド内に設置した場合は傾斜がきつく、コンコースの場合は乗降場所付近の安全も確保できないという結論となりました。また、4万人が満足に利用できるだけの箇所数を設置することも難しいことがわかりました。手すり増設による改善は引き続き検討していきたいです。

グッズなどの販売について

「おむつ自動販売機(無料)に商品が入っていたことがない、有料でもいいので切らさずに置いてほしいと思います」(60代・女性)

「ビジター用のロケット風船を売ってほしいです」(60代・男性)

当社から:おむつについては、現在はおむつメーカーさまによる協賛品を無料で配布しておりますが、いたずらや大量に持ち出されるケースがみられ、対応に苦慮しています。有料販売に切り替えればサービスダウンになってしまうため、悩ましいところです。
ロケット風船については、札幌ドームでは衛生上の問題でポンプを使うルールとしているため、ポンプに対応していない風船は販売を見合わせています。本当は販売したいと思っていますので、他球場でもポンプを使う方式が広まればいいのですが…。

喫煙場所・喫煙室について

「西ゲート外の喫煙場所をタクシー乗り場寄りに移動できないかと思っています」(50代・女性)

「オープンテラスやキッズパーク横も受動喫煙が気になります」(60代・女性)

当社から:開業時は今よりもっと多くの喫煙所がありましたが、利用状況の変化につれて数を減らし、飲食売店への転換などを図っています。キッズパーク横の喫煙室は換気能力も十分ではなく、当社でも問題だと考えています。ただ、喫煙する方としない方に当社としてそれぞれどう対応していくかが課題で、結論は出ていませんが、現在の状態で良いとは思っていません。

札幌ドームメンバーズクラブについて

「札幌ドームメンバーズクラブの会員になっていますが、売店でのメンバーズクラブカード決済の処理スピードが遅いので、スタッフにもっと周知徹底してほしいと思います。メルマガで様々な情報が入ってくるし、年会費も安くていいカードだし、もっとメンバーズ会員を増やすことをしてはどうでしょうか」(40代・男性)

当社から:売店の処理スピードの問題は各事業者に指導します。会員増に関しては、メンバーズクラブの新規入会キャンペーンを年数回行っており、イベント時にブースを出したりもしていますが、もっと会員数を増やしたいと思います。また、よりよい特典をご用意し、会員さまに満足いただけるようにしていきたいと思います。

スタッフの接客については常に指導していますが、一方でアルバイト確保がとても難しいのが現実です。イベントに合わせて勤務日や就労時間が不規則ですし、学生の減少傾向もあり、スタッフの入れ替わりが多いことが接客に現れてしまっているのではないかと認識しています。そのため、昨年より飲食売店スタッフの接客コンテストを実施し、当社だけでなく各売店のチーフが審査員をつとめ、他の事業者の良いところを共有出来るようにし接客力の向上に努めています。あと、覆面調査(調査員が一般のお客さまに扮して行う、サービス・品質の調査)も行い、接客・商品の温かさなどをレベルアップできるようにしています。



札幌ドームウェブサイトについて

「ウェブサイトの座席図は見やすくなりましたね」(60代・女性)

「ウェブサイトは初めて見たが、敷地内にビオトープがあるのを初めて知りました」(50代・女性)

当社から:ウェブサイトは年々改良を加えています。昨年からは舞台裏の様子を紹介する「札幌ドームの裏側」というページも始めており、いずれはビオトープ(調整池)のことも発信していけたらと思います。

今後の安定運営について

「今後の設備更新のためにも、内部留保金を増やしていくための方法などをどう考えているのでしょうか。2026年の冬季オリンピックでは開閉会式なども考えられているようですが」(60代・男性)

当社から:今後は、2017冬季アジア札幌大会の開会式会場になることがまず決まっています。また、2026年冬季オリンピックについても、札幌での開催が決まれば会場として使ってもらえると考えています。

当社としては、今後も飲食サービスやグッズ販売などでお客さまの満足度を高めるとか、より多くのご来場・ご利用を増やすことで収益が上がり、内部留保も増加します。また、観戦・鑑賞の付加価値をより高めるための投資についても、主催者さまと共に考えていきたいと思っています。

また、売り上げの良いイベントばかりを優先的に誘致すれば収益も当然上がります。しかしながら、これからも両フランチャイズチームを中心に考えるとともに、売上が少なくても多くの方に足を運んでいただけるイベントも並行して増やしたいと思っています。天候や季節に左右されない札幌ドームの特色をさらに活かした運営をしたいです。なお、会社の長期目標としては年40億円超の売上高を目指しています(※参考・2014年度の売上高は36.6億円)。



座談会・オンラインリサーチのご感想

座談会の最後に、話しそびれたこと、今回参加した感想などをお聞きしました。

「実際に参加して座談会が形式的なものではなく感動しました。札幌ドームにこれからも来たいし、協力できることがあったらしたいと思いました」(40代・男性)

「ここまで寄り添って、向き合ってくれていることに感動しました。一生懸命やっていることがみんなに理解されていない部分がありますが、もっと知ってもらいたいですし、さらにいろんな声が上がって、という良い循環ができればと思います。札幌ドームは自分にとって特別な場所なので、もっといろいろな人にドームの事を発信したいと思います」(30代・男性)

「利用者に対する誠意ある姿勢に自分も役に立てればと思っていました。あらためて魅力を感じました」(60代・男性)

「来場するおばちゃんたちに口コミで広めようと思いました。60歳になって札幌ドームへの足が遠のくかと思いきや、今でもまだ3世代で来れてはいますが、今後80歳になっても4世代になっても来られるように、ぜひ手すりの設置はお願いしたいです」(60代・女性)

「だんだん使いやすくなってきた事は分かっていましたが、声を聴いて変えてきたことに頭が下がる思いです。いわゆる『ハコモノ』的な運営とは一線を画しているのを知ることが出来てよかったです。あとは体の不自由な方の声をもっと聴いて、札幌ドームに来られないということがないよう話を聞いてもらえたらと思います」(50代・女性)