トップページ > 会社情報・CSR・施設改善 > ソーシャルメディアポリシー
ソーシャルメディアポリシーのイメージ

令和2年10月1日制定

株式会社札幌ドーム(以下、当社)は、当社が提供する ソー シャルメディア公式アカウントにおいて、以下のソーシャルポリシーを定め、遵守いたします。

1.行動原則
  1. 法令の遵守、著作権、肖像権の保護に努めるとともに、当社が定めるコンプライアンス・ガイドラインなどの諸規定を遵守します。
  2. 不特定多数の人がアクセスすることを常に意識し、誤解を与えないよう注意するとともに、良識ある振る舞いを心がけ、対応に責任を持ちます。
  3. 誹謗中傷により第三者の名誉を傷つける行為や、その他知的財産権の権利侵害行為を行いません。
  4. 社外秘情報、お客様およびお取引様の非公開情報を、お客様およびお取引様の許可なく公開いたしません。
  5. 個人情報、プライバシーへの配慮をします。
2.適用範囲

本ソーシャルメディアポリシー は、 当社が提供するソーシャルメディア及び、それに付随するサービス(以下、本サービスという)について、ソーシャルメディアの利用者すべて(以下、利用者という)に対し適用されるものとします。

3.免責事項
  1. ソーシャルメディアでの当社からの情報発信は、当社の公式な見解であるとは限りません。予めご了承ください。公式見解及び正式発表については、公式サイトおよび報道発表資料等でご確認ください。
  2. 掲載情報の完全性、正確性および有用性については、保証するものではありません。万一、情報を利用することで直接的間接的を問わず利用者に損害が生じても、当社は一切責任を負わないものとします。
  3. 利用者の皆さまからお寄せいただいた投稿等は、すべてに返信できないことがございますので予めご了承ください。
  4. 当社は、本サ ービスに関連する事項によって利用者または第三者の被った損害についても責任を負いません。
  5. 当社は、利用者から個人情報を取得する場合には、当該個人情報を当社の「個人情報保護方針」および「個人情報保護規程」に基づいて適切に取り扱います。
4.禁止事項

以下の行為や投稿はご遠慮ください。以下行為等に該当する場合、当社の判断により削除やアカウントのブロック等を行う場合がありますので予めご了承ください。また、これに起因して利用者に生じた損害については、当社は一切責任を負わないものとします。

  1. 公序良俗に反する、もしくはそのおそれのある行為
  2. 違法行為・犯罪的行為に結びつくものまたはそのおそれのある行為
  3. 迷惑を与え、または不利益を生じさせもしくは損害を与えるもの、またはそのおそれがあると当社が判断する行為
  4. 知的財産権(著作権、商標権、その他)や肖像権、プライバシーを侵害する行為
  5. 有害なプログラム・スクリプト等を含む行為
  6. 当社のソーシャルメディアを営利目的に利用する行為
  7. 他者になりすます行為
  8. 各ソーシャルメディアの利用規約等に反する行為
  9. その他、管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断した行為
5.著作権

当社アカウントから発信する情報(文章・動画・写真・イラスト等)の著作権については、全て当社に帰属します。従って著作権法上認められた場合及びリツイート機能の使用の場合を除き無断で複製・転載することはできません。

6.準拠法・裁判管轄について

本ソーシャルメディアポリシーには日本法が準拠法として適用され、また、当社アカウントに関して生じる紛争については札幌地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

7.更新について

当社は、利用者の皆さまの承諾を得ることなく、予告なしに本ソーシャルメディアポリシーを更新することがありますので予めご了承ください。