Loading...

野球用人工芝の張り替え工事の全容

チャームコロン 札幌ドームの裏側施設編vol.10

前回(Vol.9)で紹介した野球用人工芝張り替えに続き、2019年に改修したエスカレーター工事&照明工事を今回ご紹介します!

エスカレーターを設置しました!PCタイトル

エスカレーターを設置しました!SPタイトル

札幌ドームでは、お客さまアンケート「オンラインリサーチ」などを通じて「歩道橋そばの階段にエスカレーターを設置してほしい」との声を以前から多くいただいておりました。札幌ドーム歩道橋(以下「歩道橋」)は、地下鉄福住駅からドーム館内までの主要な入退場ルートとなっており、半数以上の方がこの階段を上ってご来場いただいておりますが、この階段部分にはエレベーターも備え付けられているものの、ほとんどの方が階段を上り下りしていました。
そこで、階段の上り下りを軽減するため、歩道橋そばの階段にエスカレーターを設置しました。

2018年8月に設置工事をスタートしており、当初は2018年中の完成を予定しておりました。しかし、現地埋設物の移設に時間を要し、大幅に工期が伸びることとなりましたが、2019年スポーツシーズンに何とか間に合わせるべく工事を進めていました。

エスカレーター設置の様子イメージ1 エスカレーター設置の様子イメージ2

2018年10月 エスカレーター設置場所の埋設配管・配線の迂回工事完了

エスカレーター設置の様子イメージ3

2018年11月 エスカレーター設置位置に基礎部分ができる

エスカレーター設置の様子イメージ4

2019年1月 雪が積もる中、エスカレーターの屋根が出来上がる

2019年2月、エスカレーターが完成。
新たに設置したエスカレーターは、冬でも使用できるよう屋根のついた仕様で、イベントのない時は上下運転を行っており、イベント開催時は必要に応じて、2台とも同じ方向への運転が可能です。ぜひ、ご来場の際はご利用ください!

完成したエスカレーターのイメージ1 完成したエスカレーターのイメージ2

アリーナ照明設備を更新しましたPCタイトル

アリーナ照明設備を更新しましたPCタイトルSPタイトル

アリーナ照明の交換の様子イメージ1

交換前のアリーナ照明設備

札幌市の札幌ドーム保全計画に基づき、アリーナ天井の照明設備をLEDに更新しました。明るさ向上と消費電力の低減を図るため、昨年度サッカー用照明を交換し、今年度は野球用照明を更新しました。

昨年度は、サッカー用照明468台、客席用等を含むその他72台、計540台更新しましたが、今年度は、野球用照明586台、空間照明42台、計628台を更新し、あわせて国際競技大会用照明28台を増設しました。

アリーナ照明の交換の様子イメージ2

交換作業の様子1

アリーナ照明の交換の様子イメージ3

交換作業の様子2

交換するときは、札幌ドームの天井に張り巡らされた、照明交換時等に使用する作業用の通路「キャットウォーク」に作業員が行き、下で待機している作業員と連携しながら、外した照明をワイヤーで下ろします。また、新しい照明を下から「キャットウォーク」へと上げていきます。設置場所に1つ1つの照明をしっかりと固定し、配線をつなぎ、正しい角度にあわせて設置していきます。天井はアリーナ面から約63mの高さ。万一、照明を落としてしまうと、粉々に照明が壊れてしまいます。十分注意を払いながら、600台以上の照明を取り付けるのは気が遠くなる作業です。約3か月間、イベントが開催されない日にコツコツと作業を行い、2018年12月にすべての取り付けが完了しました。

アリーナ照明の交換の様子イメージ4

今回設置したLED照明

〜LED照明の良いところ〜

消費電力の削減
従来のものは 照明1台につき1.5kW使用するところ、LED照明の場合は使用モードにもよりますが、それ以下(0.064kW〜1.3506kW)となり消費電力が削減できます。

点灯⇔消灯が即時に切り替えられます
LED照明は従来のメタルハライドランプとは異なり、瞬時に点灯できるため、イベント開催時の暗転などの演出に幅が広がります。

明るさを調節できます
LED照明は、照度を調節することができるので、開催イベントによって明るくしたり暗くしたりすることが可能になりました。

2019年もパワーアップした札幌ドーム。ぜひご来場いただき、両チームに熱い声援を送ってください!
  • mixiチェックボタン

「札幌ドームの裏側」では今後もさまざまな「人」「仕事」「設備」を定期的に取り上げてまいります。次回もぜひ、お楽しみに!

札幌ドームへの
メールはこちら