札幌ドームのCSRのイメージ

 当社は、札幌ドームを管理運営するために、札幌市と道内外26の企業・団体の出資により設立されました。そのため、私たちの第一義的な役割は、「札幌ドーム条例第1条」に定める施設の設置目的を実現することにあります。
 このことから、当社の事業の成果は市民や地域に還元していくべきであり、CSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任)とは経営そのものと考えています。当社の経営、すなわちCSR活動においては、すべてのお客さまを大切に、「社会からの信頼を獲得して企業価値を向上させること」「社会の持続可能な発展と未来のスポーツ文化、市場・顧客の創造にも貢献すること」「社員一人ひとりが業務や会社への誇りをもち、組織活性化にも寄与していくこと」を常に心がけています。

札幌ドーム条例 第1条

本市は、内外の優れたスポーツ、展示会その他の催物の開催の場を提供すること等により、スポーツの普及振興及び市民文化の向上並びに地域経済の活性化に寄与するため、札幌市豊平区羊ケ丘に札幌ドームを設置する。

私たちにとってのすべてのお客さま 札幌ドームを舞台に活躍する皆さま、観戦鑑賞のためにご来場される皆さま、観光で訪れる皆さま、札幌ドームを支え、ともに働く皆さま、札幌ドームのある街に暮らす皆さま、そのすべての皆さまが、私たちにとって大切なお客さまです。

札幌ドームの5つの視点 当社では、CSR経営を推進するため、5つの視点による取り組み課題を設定するとともに、2018年以降は、SDGsを意識した事業活動を行っています。

札幌ドーム「CSR-SDGs」マップ 視点01すべてのお客さまのために すべてのお客さまの安全と安心のために 最高の舞台であるために より楽しく、より快適にご利用いただくために お客さまの声をかたちに 視点02地域社会とともに 地域とともに成長するために 子どもたちの明るい未来のために 視点03公正に事業を推進するために 信頼される企業であるために 多様なリスク回避のために 視点04社員とともに 誇りに思える職場であるために 社員一人ひとりの可能性を広げるために 視点05環境にやさしい施設を目指して 環境にやさしい施設であるために お客さまとともに学ぶために

2018 SDGsを意識したCSR活動を推進 2015年、国連において採択された「SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)」。これは、深刻化する環境課題など17の目標と169のターゲットに全世界が取り組むことによって、より良い国際社会の実現を目指すものです。当社も社会の一員として、SDGsを意識しながらCSR活動を進めていくこととしました。

2019 当社と関わりの深いSDGsとマテリアリティを選定。2018年11月の「SDGsワークショップ」と2019年1月の「SDGs役員ミーティング」とで話し合われた結果をふまえ、『中期経営計画2021』において「当社にとって関わりの深いSDGsとマテリアリティ(中長期視点での重要課題)」を以下のように整理しました。これらのマテリアリティを念頭に置き、これからも札幌ドームが市民の皆さまに末永く愛され、また、当社の事業を通して社会課題の解決や地域社会の発展に貢献できるよう、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを真摯に進めていきます。3.人々の健康と心の豊かさの増進4.市民文化の向上11.誰もが暮らしやすい地域社会の実現17.札幌ドームを起点としたパートナーシップ構築による社会課題の解決7.低炭素社会の実現12.循環型社会の実現15.生物多様性の保全

当社では、2018年以降、SDGsに関する考え方をより深化させたCSR経営に取り組んでいます。「環境広場さっぽろ」や「スポーツバイキング」など地域連携のイベントには、当社の環境啓発ブースを出展。子供向けの環境クイズやパネル展示のほか、オリジナルのゲーム「SDGs神経衰弱」を実施しています。軽28枚のカードの表面には当社とかかわりの深いSDGsの活動内容、裏面には関連するSDGsアイコンが描かれており、活動内容を見てカードをめくり、同じアイコンがそろえば成功となります。当社がSDGsの課題解決に向けてどのような活動をしているのか、子供たちに遊びながら学んでもらおうと考案しました。今後もより多くの方に札幌ドームやSDGsへの関心を深めていただくための企画を実施し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。