札幌ドーム 文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

トップページ > 会社情報・CSR・施設改善 > TOPメッセージ
TOPメッセージ

 2001年に開業した札幌ドームは、この17年間で累計4,500万人を超えるお客さまにご来場いただくことができました。これも日頃から札幌ドームを支えてくださっている多くの皆さまのお力添えによるものと、心から御礼を申し上げます。
 時代の流れとともに、札幌ドームを取り巻く環境も大きく変わりつつあります。2018年3月、札幌ドームの最大の利用者である北海道日本ハムファイターズさまが、新球場建設構想における候補地を北広島市に決定しました。このことは、日本のスポーツ・エンターテイメントに一石を投じる新しい流れと受けとめる一方で、私たちは、札幌ドームの公共財としての価値を高めるため、これまでと変わらず真摯に努力を続けることが使命であると考えております。
 当社は、2018年10月に会社創立20周年を迎えます。企業のライフサイクルの視点では、成長期から成熟期へと差しかかる時期ですが、私はむしろ“第二の創成期”ととらえています。「自分たちの手で新しい札幌ドームをつくっていくんだ」という気概で臨むことが、将来への確かな道筋をつけるために不可欠だからです。
 札幌ドームの創成期、何もないところから社員が知恵を出し、汗をかいて礎を築いてきた経験は、企業としての尊い財産です。また、そうした中で育まれてきた明るく自由な社風も、札幌ドームらしさの一つです。この力強さをチームワークに生かし、社員が心を一つにして、札幌ドームの新しい将来像を構築していきたいと思います。
 現在は、より魅力ある札幌ドームを実現するための将来構想として「DOME NEXT プラン2026」に全社で取り組んでいます。既成概念にとらわれず、新しい発想で、やりがいのある仕事ができるチャンスだと考えています。
 引き続き、札幌ドームが市民道民の皆さまに末永く愛され、喜んでいただけるよう、長期的視点と高いプロフェッショナル意識を持ち、総力を結集してチャレンジを続けてまいります。