札幌ドーム 文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

トップページ > 会社情報・CSR・施設改善 > 札幌ドームオンラインリサーチ > 2014年度 モニター座談会レポート
札幌ドームオンラインリサーチ
2014年度 モニター座談会レポート

株式会社札幌ドーム(以下当社)では、皆さまにとってより楽しく、安全・安心・快適にお過ごしいただける施設となるよう、皆さまからのお声に真摯に耳を傾け「お客さまとともに改善・進化する札幌ドーム」の実現に向けて取り組んでおります。

本アンケート「札幌ドーム オンラインリサーチ2014」では、2013年度と同様のモニターアンケートを実施したほか、さらに多様なご意見を伺うため、当社役員・社員との座談会を開催しました。当日は、これまでに改修した主な箇所(スタンド手すり・売店・トイレなど)をご覧いただいたのち、「今後の札幌ドームに期待すること」などのテーマで意見交換を行いました。いただいたご意見はすべて社内で共有し、札幌ドームをより良い空間へ進化させるための参考とさせていただきます。

モニター座談会の結果につきまして、以下の通りご報告させていただきます。

実施概要
実施日・モニター人数 2014年10月24日(金)/8人(男性1人・女性7人)
2014年10月25日(土)/10人(男性6人・女性4人)
当社の座談会参加者 ・代表取締役専務 島津 貴昭
・専務取締役 北野 靖尋
・総務部長 佐々木 和規

・総務部総務課 オンラインリサーチ担当 若井 聡 菊地 圭児 水戸 美保子

座談会の流れとモニターさまのご意見・ご感想

館内見学

当社社員の案内で、これまでに改修した主な箇所(スタンド手すり・トイレ・売店など)をご覧いただき、普段感じていることや感想をお聞きしました。

「サッカーへの転換作業を見られて、貴重な経験でした」(40代・女性)

「札幌ドームはすごいなと。他のドームと違って格好いいと思いました」(40代・女性)

「私たちの声が反映されて嬉しく思いました」(40代・女性)

「説明されて意外な気付きがあった。あのときから変わったんだな、と。説明を受けてすごく良かったです」(50代・男性)

昼食

レストラン「スポーツ・スタジアム・サッポロ」にて、ランチおよびコンサドーレ限定メニュー「コンサドルチェ」をお召し上がりいただきました。

座談会

当社役員・オンラインリサーチ担当社員などを交え、「今後の札幌ドームに期待すること」などのテーマで意見交換を行いました。併せて、オンラインリサーチ企画に対してもご意見・ご感想を伺いました。

交通アクセスについて

「札幌ドームにはオールラウンドのコンベンション施設になってほしいなと思います。今後への期待はますます高まっているわけですが、株式会社の頑張りだけでは資金捻出に限界があるかなと、あとは札幌市がどれほど協力するのかという問題だと思います。その一番は地下鉄の延伸や車両の増結だと思います。最終的には札幌市民の税金負担となる話ですが、どれだけ札幌市が頑張れるかということだと思います」(40代・男性)

「将来的には、一大テーマパークとしてヤフオクドームや東京ドームのようにホテルも併設し、交通の拡充などもして、ここに来れば楽しい、今も十分楽しいですけど、すぐにではなくても夢を描くことも期待したいです」(50代・男性)

当社から:札幌ドームまでの公共交通機関は地下鉄東豊線がメインですが、イベント退場時の混雑緩和を考えると、地下鉄福住駅まで少し距離があることが、混雑緩和に寄与している面もあります。とはいえ、雨や雪のことを考えると、札幌ドームの将来像を考える上ではひとつの重要なテーマとなっています。

「それであれば福住駅までの地下歩道がいい。ドームとチカホは札幌の財産で、私はいくら税金を投入してもいいと思います。雨のときに傘がぶつかったり、冬の凍ったときの移動が大変です。せめて歩道のロードヒーティングがあってもいいのではと思います」(40代・男性)

「家が豊平区の南のほうで、近くに真駒内発着の札幌ドーム方面行き路線バスがあるのですが、帰りのナイターが終わった後は路線バスが終了してしまい、帰る手段がないんです。路線バスの運行時間を延長させるか、シャトルバスを途中下車させてほしいです。ナイターの帰りだけでいいですから」(40代・女性)

「手稲に住んでいますが、以前3時間半ルールがあった時にはよかったが、撤廃されてナイターに来にくくなりました。札幌の人にとって3時間半ルールは便利なのではと思ったりします。小樽や千歳などの人はもっと大変かもしれない。ナイターに来れないのは残念です」(40代・女性)

「サッカーの場合は、シーズンが野球より長く3月から12月までなので、寒いことがあり、除雪など雪道の改善は望みたいと思います。またドームに到着したら屋根のないところで1時間以上待ったりと、そういうことがなくなればと思います」(40代・男性)

「国道36号沿いのバス停口からの出入りが比較的すいているので、ここから路線バスやシャトルバスなどの活用で混雑緩和をもっとできると思います。バス会社との連携が必要だとは思いますが」(50代・男性)

当社から:今年、札幌ドームから福住駅までの100円バスの実証実験を、北海道中央バスさまと共に実施しました。通常運賃より値下げしてもバス路線が営業として成り立つか、というのもポイントでした。しかしながら、バス停付近の歩道が狭いため警備員を増員する必要があること、様々な方面に向かう路線バスに対し、乗降がスムーズにいかず時間がかかること、などの課題点も確認されました。方向性としては多様なアクセス手段ができればいいと思っていますし、路線バスについても北海道中央バスさまと話をしてみたいと思います。

案内サインについて

「コンコースでの表示がわかりにくいので、わかりやすいように配慮してほしいです。初めての人なども中がわかるようにしてほしいと思います」(40代・女性)

「サインがどれも上の方にあるので、JRのように床にもサインがあったほうがいいかと思います。あともっと表示が大きい字だったらと思います」(40代・女性)

「通路番号が床に書いてあるといいと思います」(50代・男性)

当社から:床面に通路番号などを表示しているケースはありますが、その他の場所も含め、貴重なご意見として捉えさせていただきます。

障がい者用駐車場・敷地内での乗降について

「以前はファイターズ戦の障がい者駐車場が取りやすかったが、去年おととし頃からはなかなか取りづらくなっています。最近は普通車駐車券を購入し、ゲート近くで降ろして普通のところに停めることがあります。仕組みが変わったのか、それとも台数が減少したのでしょうか?」(50代・男性)

「送迎で父を連れてきたことがあり、『試合終了前に来てください』と言われていたが無視して試合終了後に来たら『本当は入れないのですが』と言われたことがありました」(40代・女性)

当社から:ファイターズ移転当初は、普通車・大型車・障がい者の3分類で、車いすを含む障がい者用駐車場は約60台分で運用していましたが、途中から車いす用駐車券を新たに設けました。また、送迎車両による敷地内での乗降用を約20台分確保しました。今年は車いす用が40台、障がい者用が最大150台位まで増やしていますが、障がい者用のニーズが拡大して早くに売れてしまうというケースもありますので、今後の検討課題とさせていただきます。

送迎車両の乗り入れ(事前予約制)については、試合終了後は車両退場をスムーズにするため2列で羊ケ丘通に出る運用としているため、お迎えの方にはお手数をお掛けするのですが、試合終了より前に再入場し、指定スペースにて試合終了をお待ちいただく、という運用となっています。

駐車料金について

「駐車券は周囲の金額のように安くなりませんか?千歳から来ますが、サッカーはほとんど来るので本当はドームに停められればいいのですが、ドームの駐車場だと出るまでに時間もかかるし、結局別の駐車場を使っているのが現状です」(40代・男性)

当社から:大規模イベント時の駐車料金(普通車1台2,500円)は、公共交通機関でお越しいただける方は出来るだけそうしていただく、との考え方で、バスと地下鉄を乗り継いだ大人2人+こども1人の往復料金を想定し、それよりも高い金額となるよう定められました。なお、駐車場を毎試合利用されるお客さまには、年間駐車券の販売もございます。一方、近隣の皆さまからは渋滞や迷惑駐車が何とかならないか、とのお声もいただいており、今後の課題でもあります。地下鉄延伸の話にも関連してくるかもしれませんが、交通アクセスの話は札幌市にも伝えていきたいと思っています。

札幌ドームウェブサイトについて

「札幌ドームのウェブは見づらい、堅いかと思います。選手のインタビューなどがあれば親しみを持って読めるかなとも思います。チームのことでドームさんではないのかもしれませんが」(50代・男性)

「ドームの裏方の話が聞きたいとアンケートに書きましたが、すぐにグラウンドキーパーの話が載っていて嬉しく思いました。他の方の話も読んでみたいと思います。例えば広報さんとか」(40代・女性)

当社から:「札幌ドームの裏側」は、皆さまの意見を参考にしながら作成したページです。他にもアイデアがあればぜひやってみたいと思います。

コンコースの並び列について

「トイレや売店に並ぶ列で歩きにくいことがあって、壁際に列ができないかなと思います。難しいでしょうが、例えばトイレの列も売店のようにパーテーションで仕切りを作ったりできないかと思います。それと、今年になって3階の喫煙室の煙が逃げないというか充満しているように感じています」(50代・男性)

当社から:喫煙室の件、担当部署で状況確認します。

通年営業のレストランについて

「レストランですが、清田の人はなかなか集まって食事をする場所が少ないという話を聞いたりもするので、景色もいいしドームのレストランをもっと拡充してみたらいいのではと思ったりします。もったいないしデートコースになればいいと思います」(40代・男性)

当社から:レストランについては、設置できる場所があの場所しかなかったのですが、イベントがないときは駐車場から遠いのが難点です。開業当初は、現在のキッズパークの位置にも通年営業のカフェがあったのですが、イベント時におけるお子さまが楽しめるスペースのニーズが高まり、キッズパークに変更しました。

Wi-Fi(公衆無線LANサービス)について

「Wi-Fi環境の整備はどうなっているでしょうか?ドーム内から友人に連絡を取ろうと思ってもビジー状態になることがあり、結局館外に出て15分くらいしてようやく通じる、ということがありました。4万人が集まる施設なので通信環境がもう少し改善されるといいかなと思います。有料にするかどうかは別問題ですが、例えば札幌ドームメンバーズクラブ会員にはパスワードを知らせて無料で使えるようにするとか」(40代・男性)

当社から:「ソフトバンクWi-Fiスポット」をスタンド等でご利用いただけますが、それ以外のサービスは現在ないので、それぞれの携帯電話会社の通信サービスを使っていただくということになっています。

「スマホでドーム内の情報が得られるようなこととか、例えば困ったことがあったらチャットでリアルタイムで聞けるようになるとか、一部航空会社でもありますが、そういうシステムがあると便利かと思います。こんなものが食べたいとか、どこのトイレがすいてるとかの情報もやりとりできますね」(40代・男性)

当社から:当社でもサービスの研究を進めていて、例えばお席から飲食メニューを注文するとか、選手やチームの詳しい情報を見るなど、さまざまな展開が考えられます。他の国内スタジアムで既に導入事例がありますが、札幌ドームにおいてはどのようなサービスが最適かを現在検討しています。

飲食サービスについて

「スタジアムグルメですが、両チームの限定メニュー以外に、オータムフェストではないですが、もう少し北海道らしい特色あるメニューが常時あってもいいと思います。月替わりとかカードごととか。ここでファーストフードを食べたいと思う人もそれほど多いとは思えません」(40代・男性)

「炭酸以外の飲み物が少ない。そして食べ物も飲み物も量が多いと思います。あと飲み物をこぼす人がいて、スタッフを探せなくて困ることがあります。飲み過ぎやマナーの悪い人の近くだと楽しめないので、スタッフや警備員が注意してほしいと思います」(40代・女性)

「ソフトドリンク半額デーをやってほしい。それと、チョイ飯シリーズはちょっと脂っこいメニューが多いのと、どこで売っているか分からないことがあります」(40代・女性)

「2階ワゴンが試合によって動くので、エーデルピルスを売ってる場所を探して毎回さまよい歩いています。チョイ飯も知らなかったです。あと、南ゲート側にご飯ものを扱う売店が少ないと思います」(40代・女性)

当社から:量が少なめのドリンクや「チョイ飯シリーズ」は、お客さまの声をもとに誕生したメニューなのですが、場内の飲食売店は数が多いので、販売場所が少ない、あるいは分かりにくいかもしれません。館内の飲食売店の情報をまとめたリーフレット「スタジアムグルメガイド(不定期発行)」を館内各所に置いているのですが、全メニューを網羅しているわけではないので、貴重なご意見として捉えさせていただきます。

飲食メニュー内容については、札幌ドームでは保健所から求められる基準が厳しく、生野菜を使ったメニューの提供が難しい、などの事情はありますが、引き続き改善に取り組んでまいります。

電子マネーについて

「支払いにサピカを導入できないかなと思います。ハンディ端末でスタンド販売にも導入し、数量管理などもできないかなと思います」(40代・男性)

当社から:Wi-Fiと同様、電子マネーについてもいま研究を始めています。

館内の座席・エレベーター・トイレについて

「スタンドの後ろの方だと座席が一列20個くらいありますが、その真ん中あたりの席に当たった時は、食べ物などすべて最初に買い込んで、試合が終わるまで動かないようにしています。座席の数は1列で10個くらいまでが限界かと思います。それと、一般用のエレベーターが少ないなと思います。エスカレーターは設備上難しいと聞きましたので、エレベーターがあれば車いすの方も利用できると思います。あと、お金はかかりますが、2階にトイレはできないものでしょうか。それと手洗いと水飲み場だけでももう少し2階にあってほしいなと思います。東京ディズニーランドのような魅力あるドームになってほしいと思うと、スタッフの対応や接客、スマイルがあってほしいと思います。改善はされてると思いますし、よりよくなれば混んでても高くてもまた来ようと思います」(50代・男性)

当社から:札幌ドームは、2002FIFAワールドカップの開催施設として建設され、FIFA(国際サッカー連盟)の施設基準では、スタンドの客席数は4万席以上を確保すること、などの条件がありました。4万席以上を今後も維持すべきかどうかは、施設所有者の札幌市の考えによりますが、当社からも運営を預かる立場としての考えを伝え、しっかり検討してもらわなければなりません。

もし4万席の確保にこだわらずスタンドを改修できるなら、座席の幅を広げたり、通路を増やして一列の座席の数を減らすことも物理的には可能となります。しかしながら、2020年の東京五輪サッカー会場として札幌ドームが挙がるなど、国際的なスポーツイベントを札幌に誘致できているのはこの4万席のおかげ、というケースもありますし、コンサートなどその他のイベント主催者さまにとっても、収容人数が多いほうが収益を上げやすいため、札幌へのイベント誘致という面では有利となります。

そして、時間のかかる大規模改修を今後行う場合、改修に伴う休業期間が発生するということも課題です。大型映像設備についてはなんとか休館せずに行います。
2階のトイレについては、2Fテラス(屋外)にて夏期間のみ仮設トイレを設置できないか、というアイディアがあり、今後検討したいと思っています。

座談会・オンラインリサーチのご感想

座談会の最後に、話しそびれたこと、今回参加した感想などをお聞きしました。

「いろいろな発見がありました。またイベントなどで来たいと思いました」(40代・女性)

「今日はいろんな方のお話を聞けて『こんなこともあったんだ』ということもたくさんありました。楽しく過ごせました」(40代・男性)

「普段見られないところが見れたということと、他の方の意見を聞けたということがよかったと思います。不満を持っている人も周りにいますが、トイレの数や狭いなどもこういう事情があってできない、またはこういうことを検討しているといったことがわかりました」(40代・女性)

「要望を親切丁寧に聞いていただいたことと、すでに検討していることを聞かせてもらってよかったと思いました。PCでのモニターアンケートだけでもいいと思っていたのに、こうやって双方向での座談会に参加させていただきよかったです」(50代・男性)

「いろいろなところを見れてよかった。努力されているという印象を受けました」(50代・男性)

「顔を合わせての座談会で、始めは緊張していましたが、いろいろ意見も言えてよかったです。今後この近辺が一大テーマパークのようになり、札幌の自慢になってほしいと期待しています」(50代・男性)

「これまでドームに通って気になっていたことがいろいろ分かったり、見たことのないところが見れたりと、いい時間を過ごさせてもらったと思います。今後座談会で出たことが改善されたら、自分も参加してよかったと思います」(40代・男性)

「アンケートが来た時にすぐに返事しようと楽しみにしていました。今日も上の方から話がすぐ返ってくるのがすごいなと感動しました。あとは北ゲートのガラス屋根の部分に風よけが欲しいです」(40代・女性)

「いろいろな会社のモニターを経験していますが、座談会を開催するケースは少なくなりました。いろいろな努力があって座談会を作っていると思います。札幌市の財産を発展するよう努力している皆さんに、じかに接することができて感動しています」(40代・男性)

「座談会は初めての体験でした。今後もよりよい札幌ドームになるよう、いろいろ提案していきたいと思います」(40代・女性)