札幌ドーム 文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

トップページ > 会社情報・CSR・施設改善 > 札幌ドームオンラインリサーチ > 2015年度 実施結果レポート 第5回 運営会社
札幌ドームオンラインリサーチ
2015年度 実施結果レポート

株式会社札幌ドーム(以下当社)では、皆さまにとってより楽しく、安全・安心・快適にお過ごしいただける施設となるよう、皆さまからのお声に真摯に耳を傾け「お客さまとともに改善・進化する札幌ドーム」の実現に向けて取り組んでおります。
本アンケート「札幌ドーム オンラインリサーチ」につきましては、108人のモニターの皆さまを対象に5回実施し、具体的なご意見をお寄せいただきました。この場を借りて、モニターの皆さまのご協力に深くお礼申し上げます。

2013年度から3年連続で実施したモニターアンケートでしたが、おかげさまで本レポートでは紹介しきれないほど、多数の貴重なご意見をいただきました。全てのご意見にはお答えしきれておりませんが、いただいたご意見はすべて社内で共有し、札幌ドームをより良い空間へ進化させるための参考とさせていただきます。

全5回の実施結果につきまして、下記の通りご報告させていただきます。

これまでの改善事例について

お寄せいただいたお客さまからの声をふまえ、サービスや施設・設備の改善、利便性向上に積極的に取り組んでいます。改善事例をウェブサイト内でご紹介しておりますので、下記のレポートとあわせてご覧いただければ幸いです。

お客さまの声をかたちに(改善事例のご紹介)

第5回「運営会社(株式会社札幌ドーム)について」

回答受付期間/2015年9月26日(土)〜10月5日(月)

回答者数  /92人(モニター登録者108人)

(参考:会社情報・CSR・施設改善

※回答者のお名前をお聞きしたQ1は省略します。

<これまでのオンラインリサーチで取り上げていない取り組みについて>

Q2 株式会社札幌ドーム(以下当社)の取り組みなどについて、最もあてはまるものをお選びください。


以前から知っていた  オンラインリサーチのモニターになってから知った  知らない

当社のさまざまな取り組み(オンラインリサーチ第1回〜第4回で取り上げていないもの)について、認知度をお選びいただきました。

「札幌ドームMVP賞のファン投票実施」「札幌ドーム NIGHT RUN」「札幌ドームみらいシート」などの取り組みが、前年と比較して認知度が向上し、「札幌ドームメンバーズクラブ」も「以前から知っていた」が70人と高い結果になりました。一方、認知度が低いままの取り組みもあり、さらなる広報発信の強化に努めてまいります。

<当社の取り組み全般について>

Q3・4 当社の取り組み状況について、現在どのような印象をお持ちかお伺いします。以前お送りした「CSRレポート」などを参考に、各項目の最もあてはまるものをお選びください。
(参考:札幌ドームCSRレポート2015

とても積極的  まあまあ積極的  あまり積極的でない  消極的  印象が無いのでわからない

十分出来ている  まあまあ出来ている  あまり出来ていない  全く出来ていない  印象が無いのでわからない

当社の取り組み状況について、現在の印象をお選びいただきました。

「当社利益の市民への還元」「広報誌・ウェブサイト等での情報発信」「安定的なドーム運営」について、「とても積極的」「まあまあ積極的」および「十分出来ている」「まあまあ出来ている」が前年と比較して10ポイント以上増加しました。大型ビジョン更新・トイレ洋式化工事などの設備投資を行ったことで皆さまの高い評価をいただいたものとみています。一方、「飲食サービスの改善」については前年よりも評価が低下し、取り組みが不十分と感じるモニターが多い結果となりました。

Q5 当社の取り組み(設備改修、情報発信、飲食サービス、グッズ販売、スタッフ教育など)について、総合的な評価を点数でお聞かせください。(最もあてはまるもの1つ)

当社の取り組みについて、総合的な評価を100点満点でお聞かせいただきました。

「80〜99点」を付けた方が過半数を占め、当社の取り組みをある程度評価いただいているモニターが多い結果となりました。アンケートご参加がきっかけで当社の取り組みに注目いただき、当社への関心を高められた方も多いと思われますので、今後さらに高い評価をいただけるよう引き続き取り組んでまいります。

Q6 札幌ドームが皆さまにとってより楽しく、安全・安心・快適にお過ごしいただける施設となるために、今後の当社に期待することをお聞かせください。

ご意見の内訳
(ご回答内に2つの異なるご意見がある場合は2とカウント)

施設・設備 イベント運営 施設管理・CSR・広報 アクセス 飲食・物販
34 18 33 11 13
今後の当社に必要だと思うことを、自由記入形式で幅広くお聞かせいただきました。
代表的なご意見を、抜粋して紹介させていただきます。なお、当社役員とのモニター座談会でも、「今後の札幌ドームに期待すること」などのテーマで意見交換を行いました。

モニター座談会レポートはこちら

「高齢者や子供を連れたご家族連れなどにやさしい施設であってほしいと思います。手すりの増設やバリアフリー化などを特にお願いしたいです」(50代・女性)

「多くのスタッフが朗らかで楽しい気持ちにさせてくれます。なかなか難しいとは思いますが、すべての方がそうであるともっと良いと思いました」(40代・女性)

「この間、たまたまいつもと違う場所を通ることがあって利用した『中華ごはん』がとても美味しかったが、いつもなら全く行かない場所。いつも通る場所が同じなので、いつも同じ飲食店の前を通る。店舗そのものを入れ替えるのは難しいと思うので、例えばワゴン的なもので移動してこれないか」(30代・女性)

「車イスの知人と一緒にいるときその視線は歩く人より低く、混雑している日の雑踏の通路や2階の階段付近など、前方を塞がれたり周りから見えていない危険を感じたことがあります。そういう弱者に対する思いやりを感じられる施設になるよう、今後はひとつずつ改善を望みます」(40代・女性)

「地下鉄福住駅との距離の改善を望みます 行政のカテゴリーにはなると思いますが『札幌ドーム駅』の新設を要望します」(50代・男性)

「利用者の様々な声を真摯に受け止め、改善できることは改善し、不可能なことに対しても利用者の意見に沿うような努力をしていってほしい。対応も遅れることなくすぐに行動に移せると良いと思います」(50代・男性)

「ドームの敷地内の自然?に興味があります。札幌ドームの施設内だけでなく、外での日常的な楽しみを提案してもらえたらもっと身近になるような気がします。防犯上むずかしいでしょうか?また、これから冬の季節はますます足が遠のきます。なにか雪を活用したイベントなどがあったらうれしいです。(歩くスキー大会はありますが、もっと手軽に遊べるような…)」(40代・女性)

札幌ドーム敷地内は、緑豊かな「スポーツの庭」として動植物の保全に努めているほか、国内外のアーティストの作品「アートグローブ」も各所に配置されています。散策をよりお楽しみいただけるよう、案内充実等の参考とさせていただきます。
なお、冬期間にそり滑りなどを楽しめる雪あそびスペース「ゆきひろば」を、屋外サッカー練習場そばの斜面にて2016年1月5日よりオープンします(不定休)。ぜひご来場ください。

札幌ドーム ゆきひろば

<キッズパーク周辺エリアについて>

Q7 3Fのキッズパーク(野球時外野側/サッカー時バックスタンド側)は、2006年5月、札幌ドーム開業5周年を記念してオープンしました。今後この場所を、より人が集まる魅力的なエリアにしたいと考えています。お子さま向けに必ずしもこだわらず、遊具を撤去し、幅広い年齢層の方が楽しめる空間とすること、開業時から使われている喫煙室1か所を撤去することなども視野に入れております。現状や改修のアイディアなどについてお聞かせください。

はじめに、キッズパーク周辺エリアを訪問する頻度をお伺いします。もっともあてはまるものをお選びください。

Q8 イベント開催時のキッズパーク周辺エリアについて、個別にお伺いします。
各項目のもっともあてはまるものをお選びください。

とても満足している  満足している  不満がある  大いに不満がある  印象がない・見たことがない・わからない

キッズパーク周辺エリアの利用頻度と満足度をお選びいただきました。キッズパークを「札幌ドームに行った時は5回に1回以上訪問する」方はモニターの約15%で、木製大型遊具やベビーコーナーは高い評価をいただきましたが、キッズパークエリアの喫煙室については2割を超える方が「不満がある」「大いに不満がある」と回答しました。

Q9・10 次のうち、お客さまにとって「あればぜひ利用したい」と特に思う改修アイディアとその内容や理由をお聞かせください。

キッズパーク周辺エリアの改修を行う場合に、あればぜひ利用したいものをお聞かせいただきました。

今まで通りの、子どもが遊べる空間

「試合観戦となると長時間になるので、やはり子どもの居場所は必要と思います」(50代・男性)

「キッズパークはなくさないで欲しい。子どもは楽しみにしている。なくなったら、子どもの行き場がない」(30代・女性)

「喫煙室の撤去には大賛成ですがキッズパークの遊具撤収には大反対です!野球、サッカー観戦の時に子供たちを連れてくには長時間はじっと出来ず飽きてしまうので遊具は現状のままでお願いしたいです!」(30代・男性)

椅子とテーブルが多数置かれた、フードコートのような空間

「椅子・テーブルを設置した場所がないのがとても不満に思っています」(50代・男性)

「テーブルを使って食事をしたいので、フードコートがあると助かります。テーブル付の座席もあるかと思いますが料金が高いと思いますので、誰でも低価格で利用できる場所をつくってほしいです」(40代・女性)

「子供たちが席で観戦しながら食べるのはなかなか困難です。かといって、スクリーンのある階段で食べるのも味気ない…外は寒い又は暑いという日はやはり、館内にフードコートがあると便利です」(40代・女性)

ソファやバーカウンターでゆったりくつろげる空間

「東京ドームでは、3階にバイキング付のテーブル席がある」(50代・男性)

「お子様とドームに行きたいという気持ちは分かりますが、ファイターズ戦などは子供たちははっきり言って飽きてます。そう考えると、子供よりも『マツダスタジアム』などのように大人がくつろげる施設があってもよいのではないでしょうか」(40代・男性)

「今までは野球を観戦する楽しさが第一でしたが、何度も観戦するうちに、もう少しゆったりと楽な体勢で観られるといい…という風に皆さんの観戦スタイルも変化しているように思います。どうせ試合を観ていないキッズは別の場所で充分だと思います」(40代・女性)

新たな飲食売店を集めた「グルメ通り」といえるような空間

「通常の飲食売店は、何度もドームに足を運ぶとだいたい行く店が決まってしまいます。なので、お店が増えるとうれしいです」(30代・女性)

「ドームの飲食施設にはちょっと不満があるので、それを改善できるような施設を作ってほしいから」(20代・女性)

北海道の地域食材を存分に活かしたレストラン

「せっかく北海道の札幌ド−ムに来てくださったお客様をもてなすという意味も含めて、道内の食材を取り入れているレストランブースがあってもいいかなと思います」(60代・女性)

「座席は狭いのでちょっと落ち着いてご飯を食べたいときは1階のレストランを利用します。 テレビが入っているので試合状況はわかりますが、やっぱり生観戦は違うと思うので、試合を見ながら落ち着いてご飯を食べられるレストランがあると嬉しいです」(40代・女性)

両チームの歴史や名選手などを堪能できる空間

「名選手がいたのに忘れられてる、もしくは知らない世代にも教えたい。こんな選手がいたから 今のチームがあるんだと言う歴史を知ってほしい。そういう自分もだんだん忘れてしまうので思い出すのに設置して下さい」(40代・女性)

「どうも、日ハムだけに偏り過ぎているような感じがするため、他のチームのことも知るきっかけを作ってくれたらいいのではないかと思いました」(30代・女性)

ダンス、各種ステージショーなどを年中楽しめる空間

「これを選んだものの、こういう空間にすると特定のファンが入り浸る結果に必ずなるので、その辺の工夫があればいいな、と思う。でも子どもの空間もやはりある方がいいとも思う。子ども空間が無くなって座席で騒ぐ子供が多くなるのも考えもの」(40代・女性)

その他

「地下のファイターズキッズダムをまだ利用できない小さな子供や、寝てしまった子供を抱いて座っていられる席は必要だと思います。でも、大きなジャングルジムを利用できる子供はキッズダムでも良いと思うので、そこは重複しなくても良いと思います。3階のスペースは家族で利用できる足元を広く取ったベンチシートのテーブル席などを何段かの階段式で作ってはどうでしょうか。その代わり、キッズダム近くのトイレを増やしたり、保護者が座れて試合も確認できるモニターがあるスペースも必要かと思います」(50代・女性)

「子供が小学校高学年になった今では基本行くことがなくなったけど、キッズパークに子供がいるって事は必要があるのかなぁ…と思ったりするので一概に必要ないとは言えません。でも、正直、あそこで遊ぶようでは子供は野球好きにはならないです」(40代・女性)

<お客さまの声を聞く取り組み「札幌ドームオンラインリサーチ」について>

Q11・12 オンラインリサーチを通して当社の取り組みをお知りになったことで、当社への印象に変化はありましたか。

モニターアンケートにご参加いただいたことによる、当社への印象の変化とその理由を聞きかせいただきました。
いただいた代表的なご意見を抜粋して紹介させていただきます。
なお、モニターの皆さまには、当社のCSR活動についてまとめた「札幌ドームCSRレポート2015」をお送りし、当社についての理解を深めていただきました。

「とても良くなった」「良くなった」

「こんなに頻回にアンケートを行っているとは思っていませんでした。きちんとした形で結果もオープンにしてくれているところに好感が持てます」(30代・女性)

「ぶっちゃけますが、モニターに選ばれてから札幌ドームの取組を見るようになりました。今回のアンケートもそうですが、ここまで細かく意見を聞いて考えていただけるとは思いませんでした」(40代・男性)

「今までは札幌ドームにただ行って楽しむというだけでしたが、リサーチに参加させて頂いてからは、利用しながら多角的に施設やサービス面を考えるようになりました。利用者の生の声をサービス改善に直接活かす点や、CSRレポートやウェブサイトなどから、限界点を決めずに、より良い施設作りのために奮闘されていることがよく分かり、とても良い印象を抱いています」(20代・女性)

「特に変わらない」

「今回のアンケートで初めて知ったことはあまりなく、以前からHPを見たり、観戦に行ったりしていましたので印象の変化はありませんでした」(50代・男性)

「新しい発見とかほとんどなく知ってることが多いですし、目を見張るほどの改善も見られない(よくなっているとは思いますが)。良くも悪くもない、という感想です」(40代・女性)

「とても悪くなった」

「他球場の状況やサービス、海外の経験を踏まえお役に立ちたいと思ったところ、それが活きることは最後までなく残念でした」(30代・男性)

Q13 今回、オンラインリサーチのモニターをやっていただいたご感想をお聞かせください。
質問は答えやすかったか、また参加してみたいか、など何でも結構です。(自由記入)

モニター参加のご感想を、自由記入形式で幅広くお聞かせいただきました。
数多くの貴重なご意見、多大なるご協力に感謝申し上げるとともに、いただいた内容は今後の参考とさせていただきます。
いただいた代表的なご意見を、抜粋して紹介させていただきます。

「質問は答えやすかったです。もう少し奥深くしてもいいかな?と思います。このような貴重な機会がまたあるのなら参加してみたいです」(40代・女性)

「モニターに参加してから、イベント等でドームに行った際どこが改善されたかとかも注目して見るようになりました。また来年もモニター募集がありましたら、ぜひ参加したいです」(30代・女性)

「札幌ドームが、世界一のスタジアムで有り続けるため、日々、他の追従を許さない進化が必要だと思います。利用者からは見えない部分で、老朽化が加速する年代に入りつつ、修繕・更新等が多くなるかと思いますが、さらなる進化のお役にたてるのであれば、また参加したいと思っております」(50代・男性)

「自分が答えるのも楽しかったですし、その後送っていただくモニターの皆さんの意見を読むのがとても面白かったです。言われてみればそうだよなあ、と思うご意見が沢山あって参考になりました」(40代・女性)

「なかなかこういう機会に恵まれることは無いと思いますが、質問は答えやすかったかと言われますと ハイ とは言えません…やはり難しい質問でした」(60代・女性)

「普段、野球観戦しかしたことがなかったが、サッカー観戦の機会を与えていただき、それ以来、何度かサッカーにも行くようになった。集計のしやすさから『回答選択型』が多いのは理解できるが、回答に苦慮する質問もあった」(40代・女性)

「普段使っている施設の不満に思っていたこととかを言えたのは良かったと思います。ただ、広報活動とか自分があまり興味のないことに関する回答は少し気持ちが入らなかったかなとも思います」(40代・女性)

「毎回モニターをさせてもらっていますが、回を重ねるたびに、質問も高度になっていってる気がします。もっともっととみんなが素敵なドームにと上をめざしているからなのでしょうか。ワクワクします。もちろん、来年も期待しています。ありがとうございました」(40代・女性)