札幌ドーム 文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

トップページ > 会社情報・CSR・施設改善 > 札幌ドームオンラインリサーチ > 2016年度 実施結果レポート 第1回 ウェブサイト・広報誌
札幌ドームオンラインリサーチ
2016年度 実施結果レポート

株式会社札幌ドーム(以下当社)では、皆さまにとってより楽しく、安全・安心・快適にお過ごしいただける施設となるよう、皆さまからのお声に真摯に耳を傾け「お客さまとともに改善・進化する札幌ドーム」の実現に向けて取り組んでおります。
本アンケート「札幌ドーム オンラインリサーチ」につきましては、100人のモニターの皆さまを対象に4回実施し、具体的なご意見をお寄せいただきました。この場を借りて、モニターの皆さまのご協力に深くお礼申し上げます。

2013年度から4年連続で実施したモニターアンケートでしたが、おかげさまで本レポートでは紹介しきれないほど、多数の貴重なご意見をいただきました。全てのご意見にはお答えしきれておりませんが、いただいたご意見はすべて社内で共有し、札幌ドームをより良い空間へ進化させるための参考とさせていただきます。

全4回の実施結果につきまして、下記の通りご報告させていただきます。

これまでの改善事例について

お寄せいただいたお客さまからの声をふまえ、サービスや施設・設備の改善、利便性向上に積極的に取り組んでいます。改善事例をウェブサイト内でご紹介しておりますので、下記のレポートとあわせてご覧いただければ幸いです。

お客さまの声をかたちに(改善事例のご紹介)

第1回「ウェブサイト・広報誌」

回答受付期間/2016年6月3日(金)〜6月10日(金)

回答者数  /98人(モニター登録者100人)

※回答者のお名前、ならびに属性をお聞きしたQ1〜Q6は省略します。

Q7 【インターネットの閲覧スタイル】
普段インターネットを利用される(ウェブサイト閲覧やSNS利用など)際、1日平均でどのくらい利用していますか。それぞれもっともあてはまるものをお選びください。


1日3時間以上  1日2時間以上  1日1時間以上  1日30分以上
1日15分以上  1日15分未満  決まっていない・利用していない

Q8  【札幌ドーム到着後のウェブ閲覧について】
札幌ドーム館内にいるとき、スマートフォンまたは携帯電話でどんな行動をされますか。あてはまるものをすべてお選びください。

Q9 【札幌ドームウェブサイトの閲覧頻度】
札幌ドームウェブサイトを閲覧する頻度をお伺いします。各項目のもっともあてはまるものをお選びください。

※両フランチャイズチーム(コンサドーレとファイターズ)やイベント主催者さまの公式サイトについては、本アンケートの対象外とさせていただきます。

ほぼ毎日  週に3回以上  週に1回以上  月に1回以上  2〜3か月に1回以上
年に1回以上  年に1回未満  決まっていない・利用していない

インターネットの閲覧スタイルや札幌ドームウェブサイトの閲覧頻度などをお選びいただきました。
インターネットの閲覧スタイルでは、PC・スマートフォンを1日30分以上使用すると回答した方が60%を超える一方、携帯電話(いわゆるフィーチャーフォン)を利用していない方が90%を超えました。

また、札幌ドーム到着後のウェブ閲覧については、「知人等とやり取りする」「イベント主催者の公式サイトを見る」「SNSを見る」が多く、当社のPCサイトについては約37%、スマートフォンサイトについては約19%の方が「ほぼ毎日」〜「月に1回以上」の頻度で閲覧していると回答しました。一方、携帯サイトは「決まっていない・利用していない」が95%以上を占め、非常に利用頻度が少ない結果となりました。この結果もふまえ、携帯サイト(フィーチャーフォン用)は2017年1月31日(火)をもって終了することになりました。

今後は、イベント情報や座席位置、各種キャンペーンやサービスなどの告知のみならず、ご来場当日に館内でご活用いただけるよう、引き続きスマートフォンサイトの強化にも取り組んでまいります。これからもぜひご覧ください。

Q10  【最近実施したウェブサイト改善について】
最近改善した各ページをご覧いただき、「効果的な改善である」と思えるか、各項目のもっともあてはまるものをお選びください。

とても効果的な改善だと思う  まぁまぁ効果的な改善だと思う  あまり効果的な改善とは思わない
全く効果的な改善とは思わない  印象がない・わからない

Q11 【当社が注力しているウェブサイトについて】
当社が内容充実に注力している各ページをご覧いただき、「おもしろい、わかりやすい、読みごたえがある」などと思えるか、各項目のもっともあてはまるものをお選びください。

とても良いページだと思う  まぁまぁ良いページだと思う  あまり良いページとは思わない
全くいいページとは思わない  印象がない・わからない

最近実施したウェブサイト改善の一部について、満足度をお選びいただきました。
「効果的な改善だと思う」とお答えいただいた方がいずれも70%を超えご好評をいただきましたが、場内飲食売店ページの「カテゴリごとにメニューを検索できるように改善」については、約15%の方が「効果的な改善とは思わない」という結果になりました。いただいたご意見内容は、今後のウェブサイト改善の参考とさせていただきます。

また、当社が注力している各ページについても満足度をお選びいただきました。
いずれのページも、70%以上の方が「良いページだと思う」との評価をいただきました。

Q12 【トップページ「新着情報」について】
札幌ドームのトップページにある「新着情報」について、現在掲載している項目やページ内容への感想・不満点、「こういう情報が載れば注目度がアップするのでは」と思うコンテンツ・ページのアイディアをお聞かせください。

抜粋して紹介いたします。

更新頻度

「新着情報の出る間隔が長く開く時がある。毎日見ていると、今日も新しい情報がないのかと思うことが、よくある気がする。もっともっと、新しい情報を入れてほしい」(50代・男性)

「新着情報の発信頻度をもっとあげていけば良いと思う。発信頻度が多いと毎日用がなくてもチェックするようになるため」(30代・男性)

「情報が早く、とても満足しております」(30代・男性)

デザイン・位置

「パソコンで確認したのですが、画面をかなりスクロールしないと『新着情報』が見られなかったので、もっとサイトの上部に来るようにデザインした方が見やすくなると思います」(30代・女性)

「文字だけではなく、小さな写真を入れるなどしたら、イメージがわきやすくアクセスしてみようと思う」(30代・女性)

「スマートフォンサイトは3件が新着に載っていて、他は一覧を押さないと見られないので、もう少し件数を増やしてもらえると見やすいと思います!」(30代・女性)

「私は見やすくてとてもいいサイトだと思いました。特に、ファイターズ、コンサドーレ、お知らせなど項目ごとに色分けしてある札のようなものがついているのが良かったです」(20代・女性)

内容

「ファイターズやコンサドーレの情報が豊富で驚きました。球団ホームページを利用するだけの方が多いと思うので、こちらを知らないのはもったいなく感じました」(20代・女性)

「ファイターズやコンサドーレのホームページに出ている試合のイベント情報を札幌ドームのホームページでも新着情報に載せられると注目が上がると思います」(50代・男性)

「札幌ドームに従事する人のコラムや裏情報など毎回1人にインタビューするなどのコーナーが欲しい。その中でその人が頑張っていることやお勧め情報などの情報がほしい」(30代・男性)

新着情報については、お褒めの言葉をいただいた一方、更新頻度や内容といった点では改善すべき点についてご意見も多数いただきました。多くの方に当社サイトをぜひご利用いただきたいと考えていますので、皆さまのお声を参考に、より良いサイト作りに取り組んでまいります。

また、イベントスケジュールにその日のイベント情報や詳細を掲載できるよう改修しました(2016年3月改修)。コンサドーレさまやファイターズさまをはじめとするイベント主催者さまから伺ったイベント情報を簡潔にまとめ、当社ウェブサイトでも公開しております。ご来場の参考となれば幸いです。
さらに、札幌ドームの社員や施設を紹介する「札幌ドームの裏側」というページを2014年10月より公開しています。札幌ドームの普段見ることのできない舞台裏などを順次取り上げていますので、ぜひご覧ください。

Q13 【札幌ドームウェブサイトの使い勝手】
札幌ドームウェブサイトの使い勝手について、各項目のもっともあてはまるものをお選びください。

<PCサイト>

とても満足している  満足している  不満がある  大いに不満がある  印象がない・利用していない・わからない

<スマートフォンサイト>

とても満足している  満足している  不満がある  大いに不満がある  印象がない・利用していない・わからない

Q14 【札幌ドームウェブサイトへの評価やアイディア】
札幌ドームのウェブサイト全般について、現状への感想・不満点、Q13でのご回答の具体的な内容や理由、新たに追加してほしいコンテンツ・ページのアイディアをお聞かせください。スマートフォンサイトや携帯サイトをご覧いただける方は、そちらへの感想・ご意見もぜひお聞かせください。
(自由記入・お手持ちの端末で見ることが出来ないサイトについては空欄で結構です)

抜粋して紹介いたします。

PCサイト

「現在のHPの構成はとても整理がされていて、見つけたいページを見つけやすく、また写真や色使いも目に優しく見やすい」(40代・女性)

「逆に情報が多すぎる印象です。ページを眺める方は良いのかも知れませんが、欲しい情報がどこにあるのか、慣れなければ探すのに時間がかかりますね。サイト内検索が欲しいです」(40代・男性)

「サイト下部のサイトマップには色々情報があるが、グローバルメニューの名前がざっくりしすぎているため、どのメニューに何の情報があるのかわからない。グローバルメニューは二行にしても良いので、情報を見つけやすくしたほうが良い。せっかく良い情報があるのに埋もれてしまっている感がある」(20代・男性)

「閲覧回数が多いものや問い合わせが多い項目については、『問い合わせが多いもの』のメニュータブを作成してもらえるとよい。私の使用回数が多いのは『座席を調べる』であるが、トップページに入力画面を表示していただきたい」(30代・男性)

写真やデザインについて概ね好評をいただいた一方、情報が多すぎる、見たい情報がどこにある分かりにくい、などのご意見もいただきました。グローバルメニュー(各ページ冒頭にある、他のページへのリンクが並ぶ部分)ならびにフッターメニュー(各ページ最下部のリンクリスト)は、ただいま一部のタイトルを変更するための準備を進めています。多くの方に当社サイトをぜひご利用いただきたいと考えていますので、皆さまのお声を参考に、より良いサイト作りに取り組んでまいります。

スマートフォンサイト

「基本的によくドームに来る人から初めて来る人にも必要な情報が分かりやすく掲載されていて特に改善は要らないと思う。ただ、サイトを見た人が得するクーポン券(グルメやチケット等の割引き)があれば、よりサイトを利用する人が増えると思う」(10代・男性)

「主催者のサイトよりアクセスが楽です。今も試しに見て、コンサのチケットの発売日だと知り、慌てて駐車券を購入しました。地下鉄、バスでのアクセスも見易いです」(50代・男性)

「位置情報と座席位置とリンクするコンテンツがあれば、ユーザーは現在位置がどこで、自分の席に最短で行くにはどのようにいったらよいかわかるようになり、すごく来場者にとって使いやすいサイトになると思います」(30代・男性)

「PCサイトと違い表示が制限される分、外出先で検索することも多いので、いかに欲しい情報が探せるかが鍵かと思います。色、文字、イラスト等上手く使っていくことかな。今の状態は個人的には好きです」(40代・女性)

ウェブサイトをスマートフォンでご覧になる方は年々増えており、当社スマートフォンサイトも2013年7月に公開しました。またPCサイトにしかなかったコンテンツについても順次スマートフォンサイトに対応させており、今後も引き続きスマートフォンサイトの内容充実に努めてまいります。また、2016年6月に初開催した当社の自主イベント「サッポロ モノ ヴィレッジ」の特設ページについては、レスポンシブデザイン(閲覧時の画面サイズによって適切な表示に自動変換するデザイン)を導入しました。このことにより、スマートフォンを閲覧される方にも快適にご利用いただくことができました。

携帯サイト

「どうしても端末の問題で他のPCやスマホより見づらいと思う。でも携帯サイトを使う人はドームの情報閲覧より困ったときにみるのでは無いかと私は思います。携帯自体、サイトの閲覧などに向いていないので情報発信というよりは、『チケットの購入』『アクセス』などくらいでいいのではと感じます」(30代・男性)

「携帯で見ることのできる範囲はかなり限定されるので、本当にたまに・・・しか見ないです。あまり役立ちません」(50代・女性)

札幌ドームの携帯サイト(フィーチャーフォン用)は、ご利用実績を鑑み、2017年1月31日をもって終了することになりました。携帯電話ご利用のお客さまには大変ご不便をおかけいたしますが、今後はスマートフォンサイト・PCサイトへのアクセスをお願いいたします。

Q15 【広報誌「札幌ドーム ドームニュース」の閲覧頻度】
ドームニュースをご覧になる頻度をお伺いします。もっともあてはまるものをお選びください。

ほぼ毎号見ている  時々見ている  年に1回以上は見ている  めったに見ていない  全く見ていない

Q16 【「札幌ドーム ドームニュース」の印象】
ドームニュースを見た時の印象について、各項目のあてはまるものをお選びください。(3つまで)

<3・4月特別号>

<5・6月通常号>

ドームニュースについて、ご覧になる頻度と印象をお選びいただきました。
ご覧になる頻度は「時々見ている」「ほぼ毎号見ている」とお選びいただいた方が約60%となりました。
また、印象については、約半数の方が「札幌ドームに行きたくなる」とご回答いただきました。今後も内容の充実を図り、お楽しみいただける広報誌となるよう取り組んでまいります。

Q17 【「札幌ドーム ドームニュース」通常号の内容】
ドームニュース通常号については、ページ数を従来の4ページから6ページへとリニューアルし、内容を従来の通常号より大幅に充実させました。各項目のもっともあてはまるものをお選びください。

もっと増やしたほうが良い  いまの状態でちょうど良い  もっと減らしても構わないと感じる  見ていない・わからない

ドームニュース通常号の内容について、半数以上の方が「いまの状態でちょうどいい」とご回答いただきました。スペースの都合上、掲載できる内容には限りがありますが、今後も必要な情報を充実させた広報誌となるよう取り組んでまいります。

Q18 【「札幌ドーム ドームニュース」への評価やアイディア】
ドームニュースについて、特別号や通常号に関する感想・ご意見、今後掲載してほしい記事のアイディアなどをぜひお聞かせください。また、設置場所について「ここにも設置してほしい」という場所がもしあればぜひお聞かせください。(自由記入)

ドームニュース全般についての感想・ご意見、アイディアなどを自由記入形式で幅広くお聞かせいただきました。
いただいた代表的なご意見を、抜粋して紹介させていただきます。

誌面内容

「特別号は、ページ数も多く、とても興味深く読ませてもらった。ただ通常号は、昨年に比べれば、情報量も増えたと思うが、まだまだ物足りない気がする。設置場所も、あまり目立たないと思う。もっとわかりやすい表示を工夫してもいいのではないかと思う」(50代・男性)

「普段ドームに行っても必要なところ(席、売店、トイレなど)しか動かないので、自分の席の反対側の売店には何があるのかとか新発売の商品だけでなく、どんなお店があるのか、どんな商品があるのかなど知りたい。年に1回くらい特集でやってもらえたらいい」(30代・女性)

「入場券や飲食物の割引券のクーポンなどを付けると見る人や利用者も増えると思う」(40代・男性)

「選手のインタビューは毎号あった方が良い。また、両チームのインタビューを載せることによって、ファン層が広がると思います。だいぶ前には、開幕時に選手紹介のドームニュースがありましたが、なくなって残念に思います。毎号プレゼント企画があると必ず見るようになると思います」(50代・女性)

「5.6月のようにイベントやサッカー、野球のことはもちろんですが、施設内で変更され便利にとか、便利なのにあまり知られてない事は、もっと今後もアピールすべき!」(40代・女性)

「毎号と言うわけには行かないと思いますが、『ドーム女子』の目から見たおすすめグッズ、グルメなどの情報があるといいと思いました。また、『はじめての札幌ドーム』『家族で行く札幌ドーム』といった情報も有益だと思います」(40代・男性)

「試合スケジュールや、チケットの値段、地図よりも、札幌ドーム自体の特集や、選手の密着、イベントのことが詳しく書いていて、読んで満足するこのニュースを手に取らなければわからない新しい発見ができるような情報が書いてあったらうれしいです」(20代・女性)

配布方法・仕様

「何年も札幌ドームに通っていますが、今年初めて札幌ドームニュースをたまたま手に取って存在を知りました。札幌ドームニュースの存在自体を知らない来場者も多いのではないでしょうか。野球やサッカーの入場券のもぎりの際に、入場者全員に配るなどした方が、周知できると思います」(30代・女性)

「ドームだけでなく、地下鉄の駅や街中においていただけたらもっと手に取る機会が、増えると思います。また、オールカラーなので、より伝わると思います。わたしは、かなり限定メニューを食べるのが好きなので、カラーの写真で見て何を食べるか悩んでいます。これからもカラーで続けてくださいね!」(30代・女性)

2017年の「札幌ドーム ドームニュース3・4月号」では、2016年度札幌ドームMVP賞を受賞した大谷翔平選手(ファイターズ)・福森晃斗選手(コンサドーレ)の選手インタビューやサインプレゼントなども予定しておりますので、ぜひご覧ください。

Q19 【フリーペーパー「ふりっぱー」について】
当社では、札幌市内と周辺に月1回個別配布されるフリーペーパー「ふりっぱー」の一部エリアに広告を掲載し、当社主催イベントやキャンペーンなどの告知を行っています。初めに、ふりっぱーの購読頻度をお伺いします。もっともあてはまるものをお選びください。

投函されたら必ず読む  投函されたら時々読む  投函されてもほとんど読まない  全く読んでいない  投函されていない

Q20 【ふりっぱー読者特典の活用について】
ふりっぱーに付いている「掲載店舗で利用できるクーポンや割引特典」の利用頻度をお伺いします。各項目のもっともあてはまるものをお選びください。(当社に限らず、掲載されているどんな店舗でも構いません)

毎号1店舗以上の頻度で利用する  2か月に1店舗以上の頻度で利用する  半年に1店舗以上の頻度で利用する
めったに利用していない  全く利用していない  投函されていない

ふりっぱーの購読頻度と読者特典の利用頻度についてお選びいただきました。
購読頻度は、「投函されたら必ず読む」「投函されたら時々読む」という方が、投函されていない方を除くと90%を超え、非常に関心の高い媒体であることが分かりました。当社は今後もふりっぱー広告を活用し、今後も幅広く情報をお届けしてまいります。
また、ふりっぱーの読者特典については、25%以上の方は利用すると回答した一方、50%以上の方が利用していないと回答しました。当社はこれまで、「サッポロ モノ ヴィレッジ」の入場券の割引やドリンク割引などのクーポンを広告内に掲載してきました。今後もご来場のお客さまにとって有益なクーポンを展開できるよう工夫していまいります。

Q21 【ふりっぱー広告の印象】
先日お送りしたサンプル誌と当社広告をご覧になり、あてはまるものをお選びください。(3つまで)

当社のふりっぱー広告をご覧いただき、広告の印象をお選びいただきました。約30%の方が「札幌ドームに行きたくなる」とご回答いただきました。

Q22 【ふりっぱー広告へのご意見やアイディア】
ふりっぱーへの札幌ドームの広告掲載について、他の広告手段(例えば新聞広告やインターネット広告)と比べて効果的だと思うか、また今後の広告内容のアイディアなどがあればぜひお聞かせください。(自由記入)

当社のふりっぱー広告についてのご意見やアイディアをお聞かせいただきました。
当社広告の認知度は高かったものの、広告としてはデザインが目立たない、札幌ドームの広告だとわからないなどのご意見もいただきました。より分かりやすいデザインにすること、利用したいと思うクーポン内容にする、など今後も検討してまいります。また、ふりっぱーは新聞非購読世帯にも配布されるというメリットがありますが、そうした媒体の特徴を踏まえターゲティングを行うなど、より皆さまのお役に立つ広告となるよう、いただいたご意見は今後の情報発信の参考とさせていただきます。代表的なご意見を、抜粋して紹介させていただきます。

「効果的ではないでしょうか。よく読んでます。しかし正直言うと、どれが札幌ドームの広告なのかわかりにくかったです。大きく、札幌ドームニュース!など見出しをつけたほうが良い気がしました」(30代・女性)

「ふりっぱーは職場で話題にもなるので効果的だと思います。札幌ドームに来た事がない人達も興味をもつきっかけになるのではないでしょうか」(20代・女性)

「インターネットでの広告ばかりだと眼が疲れるので、冊子の方がほんとは嬉しいです。スマホやPCばかりだと印象に残らない」(40代・女性)

「ふりっぱーはクーポンメインですから、広告も4分の1ぐらいのスペースをクーポンに割いていいと思います。ただでさえもゴチャゴチャした広告ばかりなので」(50代・女性)

「一部の地域にしか配布されてなく、当地域には無縁なので、『じゃらん』『北海道ウォーカー』などの最低でも全道紙でないと興味は持たないし、札幌ドーム独自の運営やキャンペーンについても気づかない」(30代・男性)

「広告は効果的かといえばそうではない気がする。配られているものなので流し見しているから広告まで見ていないと思う。もっと斬新なタイトルをつけないと広告は見ないと思う」(30代・女性)

「個人的には年齢ということもあるだろうが、新聞への信頼度が高い。新聞に広告が載っていた方が好ましい」(60代・男性)

「新聞未購入の方や,インターネット使用できない方にとってはとても良いと思う」(20代・男性)

「地方なので見ることは実際は少ないかと思うが、意外と時間に余裕のある主婦だと効果もあるのかなと思う」(40代・女性)

「新聞を購読していないので、新聞広告はほとんど目にしませんが、ふりっぱーはその他の記事も楽しみなので、つい全ページ見てしまいます。少人数の世帯や若い世代はふりっぱーやシティライフのようなものの方が手に取り、読む機会が多いと感じます」(40代・女性)