トップページ > 会社情報・CSR・施設改善 >札幌ドームオンラインリサーチ > 2019年度 実施結果レポート 第3回 運営会社
札幌ドームオンラインリサーチ

2019年度 実施結果レポート

株式会社札幌ドーム(以下当社)では、皆さまにとってより楽しく、安全・安心・快適にお過ごしいただける施設となるよう、皆さまからのお声に真摯に耳を傾け「お客さまとともに改善・進化する札幌ドーム」の実現に向けて取り組んでおります。
本アンケート「札幌ドーム オンラインリサーチ」につきましては、100人のモニターの皆さまを対象に3回実施し、具体的なご意見をお寄せいただきました。この場を借りて、モニターの皆さまのご協力に深くお礼申し上げます。

2013年度から7年連続で実施したモニターアンケートでしたが、今回も多数の貴重なご意見をいただきました。全てのご意見にはお答えしきれておりませんが、いただいたご意見はすべて社内で共有し、札幌ドームをより良い空間へ進化させるための参考とさせていただきます。

全3回の実施結果につきまして、下記の通りご報告させていただきます。

これまでの改善事例について

お寄せいただいたお客さまからの声をふまえ、サービスや施設・設備の改善、利便性向上に積極的に取り組んでいます。改善事例をウェブサイト内でご紹介しておりますので、下記のレポートとあわせてご覧いただければ幸いです。

お客さまの声をかたちに(改善事例のご紹介)

第3回「運営会社(株式会社札幌ドーム)について」

回答受付期間/2019年10月1日(月)〜2019年10月11日(金)

回答者数  /89人(モニター登録者100人)

(参考:会社情報・CSR

※回答者のお名前をお聞きしたQ1は省略します。

<これまでのオンラインリサーチで取り上げていない取り組みについて>

Q2 株式会社札幌ドーム(以下当社)の取り組みなどについて、最もあてはまるものをお選びください。

札幌ドームで最も活躍した選手に贈る「札幌ドームMVP賞」のファン投票実施 以前から知っていた:72人、オンラインリサーチのモニターになってから知った:6人、知らなかった:11人 札幌市内の小学3年生とその保護者さまをコンサドーレ札幌戦・北海道日本ハムファイターズ戦に招待する「札幌ドームみらいシート」 以前から知っていた:45人、オンラインリサーチのモニターになってから知った:22人、知らなかった:22人 小学生を対象に札幌ドームをテーマにした絵画作品を募集し展示する「札幌ドームこども絵画展」 以前から知っていた:50人、オンラインリサーチのモニターになってから知った:18人、知らなかった:21人 冬期間の札幌ドーム敷地内で気軽に雪あそびをお楽しみいただける「ゆきひろば」 以前から知っていた:19人、オンラインリサーチのモニターになってから知った:23人、知らなかった:47人 環境にやさしい施設を目指した取り組み 以前から知っていた:40人、オンラインリサーチのモニターになってから知った:35人、知らなかった:14人 意見書を投函いただく館内の「コミュニケーションコーナー」における、お客様のご意見と当社の回答の掲示 以前から知っていた:24人、オンラインリサーチのモニターになってから知った:27人、知らなかった:38人 札幌ドームの設置目的・イベントの利用料金を札幌市が定めた「札幌ドーム条例」 以前から知っていた:15人、オンラインリサーチのモニターになってから知った:30人、知らなかった:44人 イベント主催者(イベントの進行・誘導案内など)と当社(売店営業・施設管理など)の行政区分 以前から知っていた:12人、オンラインリサーチのモニターになってから知った:33人、知らなかった:44人 イベント参加やチケット販売、駐車場割引販売などさまざまな特典がある会員組織「札幌ドームメンバーズクラブ」 以前から知っていた:69人、オンラインリサーチのモニターになってから知った:16人、知らなかった:4人 当社が企画・運営を行いさまざまな自主・共催イベント(ふわふわアドベンチャー/サッポロモノヴィレッジ/6時間リレーマラソン/北海道メイカーズなど)を実施していること 以前から知っていた:77人、オンラインリサーチのモニターになってから知った:8人、知らなかった:4人

以前から知っていた  オンラインリサーチのモニターになってから知った  知らなかった

当社のさまざまな取り組み(オンラインリサーチ第1回・2回で取り上げていないもの)について、認知度をお選びいただきました。
「当社の自主・共催イベント(ふわふわアドベンチャーなど)」の認知度が、昨年度よりも11.5ポイント増となりもっとも高い認知度という結果となりました。その他の取り組みも含め、さらなる広報発信の強化に努めてまいります。

Q3・4 当社の取り組み状況について、現在どのような印象をお持ちかお伺いします。以前お送りした「CSRレポート」などを参考に、各項目の最もあてはまるものをお選びください。

(参考:札幌ドームレポート2019

<当社の取り組み全般について①>

当社利益の市民への還元(トイレ改修や大型映像装置などの設備投資) とても積極的:34人、まあまあ積極的:49人、あまり積極的ではない:3人、消極的:1人、印象が無いのでわからない:2人 広報誌・ウェブサイト等での情報発信 とても積極的:16人、まあまあ積極的:52人、あまり積極的ではない:19人、消極的:0人、印象が無いのでわからない:2人 飲食サービスの改善 とても積極的:5人、まあまあ積極的:37人、あまり積極的ではない:33人、消極的:12人、印象が無いのでわからない:2人 スタッフの応対の改善 とても積極的:14人、まあまあ積極的:46人、あまり積極的ではない:15人、消極的:6人、印象が無いのでわからない:8人

とても積極的  まあまあ積極的  あまり積極的ではない  消極的  印象が無いのでわからない

<当社の取り組み全般について②>

安定的なドーム運営(収支、稼働率など) 十分できている:14人、まあまあ出来ている:50人、あまり出来ていない:18人、全く出来ていない:2人、印象が無いのでわからない:5人 施設・設備のメンテナンス(清掃、傷んだ箇所の補修など) 十分できている:24人、まあまあ出来ている:56人、あまり出来ていない:7人、全く出来ていない:1人、印象が無いのでわからない:1人 イベント主催者との密な連携 十分できている:10人、まあまあ出来ている:34人、あまり出来ていない:19人、全く出来ていない:6人、印象が無いのでわからない:20人 CSR活動(社会貢献活動、環境への取り組みなど) 十分できている:14人、まあまあ出来ている:58人、あまり出来ていない:6人、全く出来ていない:0人、印象が無いのでわからない:11人

十分出来ている  まあまあ出来ている  あまり出来ていない  全く出来ていない  印象が無いのでわからない

当社の取り組み状況について、現在の印象をお選びいただきました。
「飲食サービスの改善」が前年よりも評価が低下し、取り組みが不十分と感じる方が多い結果となりました。今後の施設運営の参考とさせていただきます。

Q5 【サービス向上への取り組み・館内】
これまでにご回答いただいた各アンケートにて、特に多くのお声をいただいたサービス向上のご要望を取りまとめました。次のうち、お客さまにとって「優先的に取り組んでほしい」と特に思うものをお選びください。(すべての中から3つまで)

スタンド座席の足元拡大(通路にでやすくする):72人、スタンド座席の横幅拡大(隣の方との間隔を広くする):60人、エスカレーターやエレベーターの増設(館内の移動用):33人、スタンド座席の階段通路増設(通路に面した席を増やす):32人、2Fコンコースへのトイレ増設:23人、無料Wi-Fiサービスの強化・改善:17人、飲食売店増設:12人、リサイクルボックス(分別ごみ箱)の増設:7人、グッズ☆ジャム拡張または増設:1人

Q6 【サービス向上への取り組み・敷地内】
これまでにご回答いただいた各アンケートにて、特に多くのお声をいただいたサービス向上のご要望を取りまとめました。次のうち、お客さまにとって「優先的に取り組んでほしい」と特に思うものをお選びください。(すべての中から3つまで)

エスカレーターやエレベーターの増設(屋外の移動用):57人、会場前並び列エリアへの屋根増設:56人、2Fテラスへの屋外トイレ増設:28人、屋外へのベンチ増設:21人、屋外喫煙所の改善(煙を通路に流れにくくする):19人、子ども向け屋外遊具設置:18人、屋外照明の増設:14人、この中に取り組んでほしいものはない:4人
サービス向上に向けて、今後「優先的に取り組んでほしい」項目をお選びいただきました。
館内については、半数以上の方が「スタンド座席の足元拡大」「スタンド席の横幅拡大」をお選びいただき、座席の狭さや座席までの通りにくさへの改善を希望される結果となりました。また、「エスカレーターやエレベーターの増設」も4割近い方が選択され、館内の階段移動の緩和を望まれていることが分かりました。
敷地内については、6割以上の方が「エスカレーターやエレベーターの増設」「開場前並び列エリアへの屋根増設」をお選びいただきました。
また、「エスカレーターやエレベーターの増設」については、2019年2月の札幌ドーム歩道橋そばの階段に設置しましたが、より快適にご来場いただける施設となるよう引き続き検討を行ってまいります。

Q7 当社の取り組み(設備改修、情報発信、飲食サービス、グッズ販売、スタッフ教育など)について、総合的な評価を点数でお聞かせください。(最もあてはまるもの1つ)

100点:1人、80〜99点:40人、60〜79点:38人、40〜59点:9人、20〜39点:1人、1〜19点:0人、0点:0人

Q8 札幌ドームが皆さまにとってより楽しく、安全・安心・快適にお過ごしいただける施設となるために、今後の当社に期待することをお聞かせください。

今後の当社に必要だと思うことを、自由記入形式で幅広くお聞かせいただきました。
代表的なご意見を、抜粋して紹介させていただきます。なお、当社役員とのモニター座談会でも、「今後の札幌ドームに期待すること」などのテーマで意見交換を行いました。

モニター座談会レポートはこちら

「これまでいろいろと利用者の意見を聞いて、施設設備の改善に取り組んできていると思います。ただ、やはり今後のこととして、ファイターズがいなくなった後のことが心配です。その時にも安定的に経営できるように、今からそのための方策を検討実施していってほしいと思います」(50代・男性)

「優先すべきは稼働率を上げることだと考えます。ラグビーチームの誘致やイベント等の誘致も積極的におこなうべきだと考えます」(60代・男性)

「札幌ドームは天然芝を館内に入れてサッカーができる、すばらしい施設です。日本ハムが移転後も安定した経営を継続し、札幌市の公共施設として維持していただきたい」(50代・男性)

「観客ファーストでエレベーター、エスカレーターの増設や階段の上り下りを少なくすることなど年寄りや障がい者にもっと優しい環境作りを行ってほしい」(60代・男性)

「年間スケジュールを見るとあまり変わりばえがないような気がします。北海道ならではのグルメイベントを開催したり、新たな企画をお願いしたいです」(30代・女性)

「今年はドームでスポーツ観戦を12回しました。その中で気になったのは隣との間が狭いこと、座席の前が狭いことです。日本人の体格も大きくなり座っていると隣人と肩が触れ合い嫌な思いをすることがあります。また、席の全面が狭いため出入りの時に動きずらく、カップホルダーや人にぶつかってしまいます。ということで、まずは、席の配置を順次行ってほしいと思います」(50代・男性)

「野球やサッカー観戦も含めて、札幌ドームに行く「わくわく感」を市民(道民)が持てるような施設作りを期待します。屋外飲食店2階テラス以外に設置し、子供の遊具施設を屋外に設置するなど積極的に取り組んでほしいです」(60代・男性)

「嵐の活動休止やファイターズ移転がありますが、札幌ドームが特別な場所となり市民、道民、観光客がいつでも賑わう場所になると嬉しいです。例えば、公園として花や遊具、スポーツ、散歩ができたり、食事も楽しめるような」(40代・女性)

さまざまなアイディアやご意見をいただきました。また、イベント誘致に関するお声も多く寄せられました。いずれも貴重なお声としてしっかり受け止め、施設改善・運営改善に努めてまいります。

<キッズパークについて>

Q9 【キッズパークについて@】
3Fスペースに子ども向け大型複合遊具を設置した「キッズパーク」について、ご利用状況についてもっともあてはまるものをお選びください。

利用したことがある:33人、利用したことがない:51人、わからない:5人

Q10 【キッズパークについてA】
遊具の老朽化などの問題から、キッズパークの今後の在り方について検討しております。以下の項目についてもっともあてはまるものをお選びください。

遊具を更新し、今後もキッズパークとして利用したほうがいい:45人、遊具を撤去し、キッズパークエリアを別の用途で利用したほうがいい:18人、わからない・どちらでもない:23人、その他:3人

Q11 【キッズパークについてB】
キッズパークの遊具を更新し今後もキッズパークとして利用する場合、キッズパークに追加してほしい機能や設備、サービスについて、ご意見・ご提案をぜひお聞かせください。(自由記入)

代表的なご意見を、抜粋して紹介させていただきます。

「お子さん連れで来られる方には必要な設備だと思うので、残して頂きたいです」(40代・女性)

「キッズパークはインターセクションへ移動し遊具を充実させた方が良いと思います」(60代・女性)

「小さな子連れでドームにやって来るのは、それだけで大変な事と思います。しかし、3階のキッズパークでは、なにかと遠いと思います。ベビーカー置き場が2階コンコースにあるのに、3階にキッズパークでは不便でないでしょうか!」(50代・女性)

「孫が北海道にいれば、キッズパークを利用すると思う。保護者が試合を観ている間、代わりに見てくれる保母さんがいると安心します」(50代・男性)

「キッズパークは違う場所に移動させて、現キッズパークの場所は、ちょっと変わった客席にした方が面白いと思う」(60代・男性)

Q12 【キッズパークについてC】
キッズパークの遊具を撤去する場合、跡地の活用方法として、あると嬉しい設備・サービスについて、ご意見・ご提案をぜひお聞かせください。また、キッズパークについて、気になるところがあればぜひお知らせください。(自由記入)

「オープンバーテラスのような、飲食ができるボックス席(セブンイレブンのようではなくファミレスのような)にしてはどうでしょうか?」(5代・女性)

「観戦にはとてもいい場所だと思うので、食べながら観戦できるなどの特別な席を作ったらいいと思います」(20・男性)

「子供がまだ小さいからということもありますが、毎回キッズパークを利用させていただいているので、なくならないで欲しいです。ゲームがない時もキッズパークを利用していたので、今後も利用していきたいと思っています」(30代・女性)

「くつろげマスシートのようなゆったり観戦できるものがあると良いかと思います」(40代・男性)

「リクライニングチェアエリア、人工芝エリア(ピクニックが出来る)」(50代・女性)

「グッズ売り場、飲食店や売店の充実。福住は飲食店少ないから、居酒屋気分でスポーツ観戦出来たら良いです」(40代・女性)

「ふわふわドームの無料があれば良いです!」(60代・男性)

<お客さまの声を聞く取り組み「札幌ドームオンラインリサーチ」について>  

Q13 【オンラインリサーチによる当社への印象変化の有無】
オンラインリサーチを通して当社の取り組みをお知りになったことで、当社への印象に変化はありましたか。(最もあてはまるもの1つ)

とても良くなった:27人、良くなった:44人、特に変わらない:12人、悪くなった:1人

Q14 【オンラインリサーチによる当社への印象変化 具体的な理由】
Q13でお答えいただいた選択肢について、具体的な内容や理由をお知らせください。

モニターアンケートにご参加いただいたことによる、当社への印象の変化とその理由をお聞かせいただきました。
いただいた代表的なご意見を抜粋して紹介させていただきます。
なお、モニターの皆さまには、当社のCSR活動についてまとめた「札幌ドームレポート2019」をお送りし、当社についての理解を深めていただきました。

とても良くなった

「こちらで質問される内容が、私自身、もしくは私の周りなどで「困っていること」「こうだったらいいな」という声が上がっていること、考えていることがとても多く、きちんと来場者、使用者のことを考え、よくしていこうとされている御社の前向きな姿勢が見え、ありがたいと思っています」(40代・女性)

「何度も通っている札幌ドームですが、細かく見るようになりました。ホームページや、ドーム関連のことも、細かく読むようになりました。そのことで、これまで知らなかったことを知り、新たな発見もありました。色々と努力してくださっていることを知り、ありがたく思っております」(40代・男性)

「今まで、札幌ドームという会社としてではなく、場所として認識していましたが、この機会を通して、会社としての取り組みを知ることができました。当たり前ですが、場所を運営する人たちがいるから、私たち観客が入れるのだと改めて認識しました」(30代・女性)

良くなった

「あまり積極的に改善策を考えていないイメージでしたが、ゴミ対策やトイレ対策等も改善されているので、もっと積極的に告知すべきだと考えます」(60代・男性)

「これまでドームは、ハード面、ソフト面でいろいろな改善を行っているが、それがオンラインリサーチによって得られた利用者の意見が反映されていることをしることができ、真摯に利用者の声に耳を傾ける姿勢が素晴らしいと思った」(50代・男性)

「今までは単にスポーツ観戦するために利用していたので、他の施設を見たことがありませんでしたが、オンラインリサーチのモニターを行ったことによって、ドーム内のいろんな施設を知ることができたので、印象が良くなりました」(30代・女性)

特に変わらない

「勤務されている方々がしっかり動いていると思うので特に変わらない」(40代・女性)

「細かい取り組みを継続していることは理解したが、今後の売上減少への対応が不明のため」(40代・男性)

「モニター等の意見を取り入れてよりよいドームつくりをしていく姿勢は理解できましたが、座席の幅については以前から出ていたと思います。実際に満員の会場で通路から離れた座席に出入りをしてみるなどスタッフの方も実感してほしい。トイレの空きをわかるようにしたことよりも会場では座席に座っている時間が一番長いです。快適に過ごせるように今後も色んな意見を聞いてほしいと思います」(40代・女性)

悪くなった

「回答する事で利用者としてのこれまでの不満を沢山思い出しました。大きなイベントは入場時間を早める等、利用者が余裕をもって楽しめるよう、対策をとって欲しいです」(60代・女性)

Q15 【知人友人への札幌ドーム訪問の推奨度】
オンラインリサーチにて札幌ドームのさまざまな部分をご覧いただいて、今後知人や友人に札幌ドームへの訪問を推奨したいという気持ちになりましたでしょうか。(最もあてはまるもの1つ)

ぜひ積極的に札幌ドームを推奨したい:24人、積極的に札幌ドームを推奨したい:49人、あまり札幌ドーム訪問を推奨しようとは思わない:3人、どちらともいえない:8人

Q16 【オンラインリサーチのご感想】
今回、オンラインリサーチのモニターをやっていただいたご感想をお聞かせください。
質問は答えやすかったか、また参加してみたいか、リサーチしてほしいテーマなど何でも結構です。(自由記入)

モニター参加のご感想を、自由記入形式で幅広くお聞かせいただきました。
数多くの貴重なご意見、多大なるご協力に感謝申し上げるとともに、いただいた内容は今後の参考とさせていただきます。
いただいた代表的なご意見を、抜粋して紹介させていただきます。
「大好きな札幌ドームに、いろいろと意見が言えて楽しかったです。来年度もモニターに参加したいです。リサーチして欲しいテーマは、冬季シーズンの札幌ドームの利用法です。氷を敷き詰めて、スピードスケートやフィギュアスケート、アイスホッケー、カーリングなどできないでしょうか」(50代・男性)

「オンラインリサーチのモニターをすることで、札幌ドームが、利用者の声を聞いて、様々な改善に取り組んでいることを知ることができました。また、モニター観戦を通して、イベントによる違いも実感できました。これからも、札幌ドームは利用していくと思いますが、より魅力あるドームになっていってほしいと思います。そのために、少しでも貢献できるのであれば、またオンラインリサーチのモニターに参加してみたいと思います」(20代・男性)

「思ったよりあっさりしていた感じで、若干物足りなさ感じているので、もっとテーマを増やし、掘り下げても良いと思う。機会があれば、また参加しロングランでやってみたい。宜しくお願いします。有難うございました」(60代・男性)

「何度かモニターに参加させてもらい、そのたびに自分達の意見で施設が改善されていくのが本当に嬉しくて、『札幌ドームさんは意見を出したらちゃんと耳を傾けてくれる!』と思い、一緒にドームに同行している高齢の両親や、子どもずれの妹にも「ドームがどうなったら便利かな?」って聞くようにもなりました。これからも皆が過ごしやすいドームになってくれたら嬉しいと思います。自分の声も届くってわかるので、また機会があったらモニターに参加させていただきたいと思います。ありがとうございました」(40代・女性)

「自分の意見だけでなく、他の人の意見も知ることができて、改めて気付かされることもあり、勉強にもなります。悪い点だけでなく良い点も共有できるようになるともっといいなと思います。幅広い年代別にも集計を取ったら面白いかも知れません。苦情的な事が多いですがまた参加させて頂いて、改善されたドームを見守りたいです。今回もアンケートに参加させて頂きありがとうございました。」(40代・女性)

「取り組みに対する意見を一方通行ではなく、やりとりする機会があるとよい」(40代・男性)

「今回のリサーチは、和式トイレの件、キッズパーク等、他の利用者からの声、現状を知ることが出来、それに対してのアンケートは今までになかったので面白かったです」(30代・女性)

ページ上部へ