トップページ > 会社情報・CSR・施設改善 > 札幌ドームオンラインリサーチ >2019年度 モニター座談会レポート
札幌ドームオンラインリサーチ

2019年度 モニター座談会レポート

株式会社札幌ドーム(以下当社)では、皆さまにとってより楽しく、安全・安心・快適にお過ごしいただける施設となるよう、皆さまからのお声に真摯に耳を傾け「お客さまとともに改善・進化する札幌ドーム」の実現に向けて取り組んでおります。

本アンケート「札幌ドーム オンラインリサーチ2019」では、モニターアンケート、モニター観戦、当社役員・社員との座談会を開催しました。モニター観戦は、普段あまり観ていないイベントも一度ご覧いただく機会になれば、との趣旨で両チームの試合を1試合ずつご覧いただき、モニターアンケート回答の参考としていただきました。いただいたご意見はすべて社内で共有し、札幌ドームをより良い空間へ進化させるための参考とさせていただきます。

モニター座談会の結果につきまして、以下の通りご報告させていただきます。

実施概要
実施日・モニター人数 2019年10月22日(火・祝)/7人(男性4人・女性3人)
2019年10月23日(水)/7人(男性5人・女性2人)
当社の座談会参加者 常務取締役   吉田 圭吾
常務取締役   手島 久仁彦
経営企画室長  落合 重之
施設部長    渡辺 勝彦
営業部長    西出 幸広
経営企画室広報課  オンラインリサーチ担当 竹高 康博 藤田 なお 常川 琢登
座談会の流れとモニターさまのご意見・ご感想

館内見学

見学の様子1見学の様子2
当社社員の案内で、これまでに改修した主な箇所(マルチディスプレイ・スタンドの階段手すり・トイレなど)をご覧いただき、普段感じていることや感想をお聞きしました。
見学の様子3

「いつも試合に来ると人が沢山で回りを見ていませんでした。天井を見たり色々なところを見ることができ参考になりました。コインロッカー、ATMなども知らなかったのでもっと周知していただいた方が良いのかなと思いました。色々な設備があると言うことが分かりました」(50代・男性)

「普段は人が多い時にしかドームに来ていないので、ガランとした施設を見ると別の雰囲気で違って見えて面白い感じでした。必ず工事の人があちらこちらで作業していて、改修などにお金が掛かっているなと言うところが分かりました」(40代・男性)

「私も試合の時に来ているので、手摺りが2つになっていたなど細かなところに気付けて良かったと思いました。また女子トイレが増えたのも知りませんでした。1階にわざわざ下りてまた上がってくるということが、とても面倒だったので我慢していたのですが今度は2階でトイレを探して行こうと思いました」(30代・女性)

昼食

昼食の様子 レストラン「スポーツ・スタジアム・サッポロ」にて、ランチならびにファイターズ絶品グルメをお召し上がりいただきました。

座談会

弊社役員・オンラインリサーチ担当社員などを交え、「今後の札幌ドームに期待すること」などのテーマで意見交換を行いました。併せて、オンラインリサーチ企画に対してもご意見・ご感想を伺いました。

当社から:はじめに、株式会社札幌ドームの成り立ちや取り組みについて、ご説明します。
株式会社札幌ドームはどんなことを考え、どのような方向に向かっていくのかについて、「札幌ドームレポート2019」をもとにご説明します

(参考:札幌ドームレポート2019








札幌ドームを管理運営している私たちの会社、株式会社札幌ドームは、札幌市が55%、残りの45%を地元企業や団体等が出資した、いわゆる第3セクターです。第3セクターというと皆さまどんな印象をお持ちでしょうか?極端な言い方ですが、民間企業より動きの悪い、のんびり過ごしている会社のイメージとかをお持ちでしょうか。
当社は、この札幌ドームという施設を維持し続けながら、すべてのステークホルダー、お客さまにご満足いただけるよう、常にチャレンジし続ける企業を目指しています。

それでは「札幌ドームレポート2019」の5ページ、6ページをご覧ください。
5ページには当社の経営理念や行動指針が書かれています。これらが日々の私たちの基本姿勢であり、行動基準となっています。一番下に書かれている「私たち一人ひとりが札幌ドームです」というのが私たち社員の姿勢を端的に表している最高の表現だと思っています。
6ページには開業20周年に向けてありたい姿を記載しています。当社は2013年度から2021年度までの9年間の長期ビジョン「札幌ドームビジョン2021」SV-21を立案し、その期間中3年ごとに中期経営計画を策定し、具体的な数値目標や達成すべき課題等を設定してまいりました。今年度の2019年度からは3期目の中期経営計画2021として「MAKE THE NEW SAPPORODOME!」を基本方針とし、開業20周年となる2021年に向けて、課題と目標を設定したうえで日々の業務に取り組んでいます。

もちろん売上目標や利益を確保することも重要ですが、それ以上にわれわれ社員一人ひとりが成長し続けることで、お客さまに喜ばれる新たな価値と感動を創造し続け、地域社会から信頼される企業を目指すことが最重要と考えています。
今後はさらにその先の開業30周年となる2031年度を目指し、「札幌ドームの価値向上と魅力発信」「新たな事業展開・営業戦略の確立」「持続可能な企業への変革」を3つの基本戦略として各部門で業務に取り組んでまいります。

残念ながらファイターズさんは新球場建設計画を発表され、2023年に札幌ドームをご利用いただけなくなることが決定しました。ファイターズさんが出て行ったら札幌ドームはどうなるのかと大変ご心配をいただいていますが、われわれは次なる事業展開や営業戦略を考えてまいります。

9月に開催されたラグビーワールドカップは大変盛り上がりました。札幌ドームでも2試合開催され、ラグビー専用のゴールポストも設置しました。今後も年に数回はラグビーの試合も誘致していきたいと考えています。また来年には東京五輪サッカー予選会場として札幌ドームで10試合の開催が決定しております。世界中に注目される施設として、おおいにホスピタリティを高め、札幌ドームを世界中にアピールしていきたいと思っています。今後もいろいろな国際大会を札幌市とともに積極的に誘致できればと考えています。コンサートでは従来のドームツアークラスの3万人〜5万人のコンサート誘致はもちろんのこと、札幌市内で施設規模として開催できていない1万人〜2万人クラスのコンサートも誘致できるよう施設改修を進めていきます。既存のサッカーを始め、色々なスポーツイベントや今まで日程調整の関係等で誘致できなかったイベントも、早め早めに仕掛けながら、より積極的な誘致を図ってまいります。また、ふわふわアドベンチャー、6時間リレーマラソン、モノヴィレッジなどの当社主催の自主イベントもより充実させていきます。ぜひこれからの札幌ドームにもご期待いただきたいと思います。

次にお手元のドームレポート7ページをご覧ください。SDGsという言葉はすでに皆さんもご存じだと思います。これは深刻化する環境問題などに全世界が取り組むために2015年に国連が採択した「持続可能な環境目標Sustainable Development Goals」として、17の目標と169のターゲットに全世界が取り組むことによって、より良い国際社会の実現を目指すものです。このSDGsを意識した事業活動は企業の価値を高めるうえでも注目されており、当社も2年ほど前からSDGsを取り入れた経営活動を行っております。7ページの上段に国連が定めた1番から17番までの目標(ゴール)があります。当社でも社内で社員によるワークショップを開催したり、一般財団法人CSOネットワーク事務局長でSDGsに詳しい黒田かをりさんをお招きして役員ミーティングを開催したりして、17個の目標ゴールの中から、当社の戦略的領域となるSDGsゴールとマテリアリティ、いわゆる重要課題を昨年決定しました。それが10ページの下段にある7つの目標ゴールです。

まず、3番の「すべての人に健康と福祉を」というゴールから「人々の健康と心の豊かさの増進」という課題を、4番の「質の高い教育をみんなに」というゴールから「市民文化の向上」という課題を、11番の「住み続けられるまちづくりを」というゴールから「誰もが暮らしやすい地域社会の実現」という課題を、17番の「パートナーシップで目標を達成しよう」というゴールから「札幌ドームを起点としたパートナーシップ構築による社会課題の解決」という課題を重要課題としました。

それに加え、下の3つの課題、「低炭素社会の実現」「循環型社会の実現」「生物多様性の保全」も当社にとっての重要課題としました。今後当社が担っていく企業の社会的責任、CSR活動を十分に果たしていくうえでも、これらの項目を常に念頭に置きながら、地域の皆さまとともにより良い施設運営を目指していきたいと考えています。また、当社の事業内容やCSR活動については11ページ以降に細かく記載しておりますので、後ほどぜひご覧いただければと思います。
以上で私からの冒頭のご挨拶とさせていただきます。本日はよろしくお願いします。

お子さま向けの対応ついて

「今回一番思いをもってきたことは、子どもたちのことを考えていただけませんでしょうかと言うことです。例えばドームに野球やサッカー観戦に親は一回か二回は連れてきますが、その時に試合など分からないで帰ってしまう小さい子供は多いと思います。子どもたちが札幌ドームに行って楽しかったね、面白かったね、と感じる施設になって欲しい。それに一番必要なのはキッズパークだと思います。お金をかけるのであれば子どもたちのためにかけていただきたい。野球やサッカーを見なくても札幌ドームへ行きたいと思うような施設になっていただきたいと願っています」(70代・男性)

キッズパーク

座談会の様子1当社から: イベントの中でキッズパークをイベント開催時にご利用いただいているのは、基本的にはコンサドーレ戦、ファイターズ戦の試合開催時となっております。コンサートではステージの裏なので使用しておらず、その他コンベンションなどのイベントでもご利用いただけないことが多い状況です。また、イベントがない時は、公園のように無料でご利用していただいておりますが、これからキッズパークをどのようにしていこうかというのを社内で議論をしております。例えば、キッズパークを館内ではなく館外のどこか敷地内に作ることが出来ないかとか、子どもたちがせっかく遊びに来てくれている場所をもっと拡大できないかなど、議論しております。

「何もない日の来やすさが大事な部分かなと思います。キッズスペースやドームの敷地で子どもが遊べるエリアなどがあって、そこに利用客を増やすと言うことを考えたら、イベントのない日は駐車場代を取らないと言うことを投資の一つとして考えてもらいたいです。イベントがない日に家族連れに来てもらって、「札幌ドームってこういう素敵な場所なのだ」と分かってもらえたら、イベントの時なども家族で来てもらえるという効果があるのではないかなと思います」(40代・男性)

当社から:その内容は社内で議論している最中です。4年前から冬に「札幌ドーム ゆきひろば」というものをやっており、ドームのサッカー練習場近くの斜面で、子どもたちがゴムチューブなどで楽しんでもらえる場所があります。そこは無料で近隣のお客さまや、タイや台湾など雪のない地域のインバウンドのお客さまにも来ていただける施設にしていきたいなと思っております。イベントの無い日の駐車場をどうするかというのは当社にとっても非常に重要な課題だと思っております。無料で開放しても良いのではないかという勢いで、これから社内で議論していきます。

エスカレーターの増設について

「エスカレーターを作っていただいたのですけれども、お客さまにとってあのエスカレーターを使うのは帰りの時は使用していないので一日一回のみなのです。来る時だけなのでお客さまが場内に入ってからの階段の上り下りの方が絶対的に多いので、場内にエスカレーターを作っていただくことがお客さまにとって大変ありがたいと思います」(60代・男性)

当社から:実際に2019シーズン前に屋外にエスカレーターを設置しましたが、当社としては今後もエスカレーターを設置できるよう中期的に計画を立てております。また、開業して約20年が経つのですが、館内の階段の多さに課題がずっとありながらも、エスカレーターを設置できなかったのは、設置する場所が非常に難しく、設置場所の下が部屋になっており機械の収まるスペースがないなどの事情がありました。しかしながら、屋外に1つ設置しましたので、何とか館内にもエスカレーターを設置できるよう、検討しているところです。もう少し長い目で見守っていただけるとありがたいです。

マスコットキャラクター「チャームコロン」の活用について

「キャラクターをアンケートで初めて知りました。札幌ドームに来てロビーや色んな所に行っても見かけることがあまりないのですけれども、せっかく可愛いのにもったいないなと思いました。もう少し広くアピールした方が良いのではないかなと思います」(70代・男性)

「チャームコロンは萌えキャラじゃなくてゆるキャラですか?色んなゆるキャラがある中でどちらかというと正統派のゆるキャラなので、そこで浸透させると言うのは、もう、かなり難しくなってきていると思います。今はSNS(Twitter・Instagram)で拡散できる時代なのでどんどん#ハッシュタグを付けてもらって拡散してもらうですとか、チャームコロンの#ハッシュタグ付けてくれた方には何かドームからプレゼントするとか、そのような企画をすればもっと広く知ってもらえると思います」(40代・男性)

「お弁当箱も良いかと思います。グッズなど欲しいなと思いました」(40代・女性)

当社から:社内でも今後の展開を検討している最中となっております。ようやく我々の名刺にもチャームコロンのイラストを入れて名刺交換をする際に「これ何?」と言ってもらって説明できるように話のネタとしております。これからもっと認知度を上げていけるよう、皆さまからいただいたアイディアをぜひ参考にさせていただきます。

携帯充電サービスの導入について

「携帯の充電できる場所を設置してほしいです。携帯社会ですので、充電が無くなっては困ってしまう」(60代・男性)

「スマホの利用目的は、SNSとか野球・サッカーを見ているときに選手の情報を見るためであり、電話が主な目的ではありません。コンセントの設置となると難しいと思いますが、現在携帯ショップなどでサービスしている充電と言うのはモバイルバッテリーを貸し出して自分で充電してもらう方式で、充電し終わったらモバイルバッテリーを返却するというものです。そのモバイルバッテリーをレンタルできる場所を設置してはいかがでしょうか」(40代・男性)

「充電が満タンになっていたとしてもバッテリーの消費が多いのですぐに電池がなくなってしまいます」(60代・男性)

当社から:これまでにもお客さまから同様のご要望がありましたが、以前と比べるとニーズは減ってきているのかなと思っていました。しかしながら、今回皆さまからご意見を伺いましたので、今後の参考にさせていただきます。

ラグビーイベントでの活用について

「ラグビーでプロ化をすると言う話が出ていて、今回ワールドカップを開催した会場をホームにして試合を開催するという話がありますが、今後のラグビー誘致についてはどのように考えていますか」(60代・男性)

当社から:もっともっとラグビーを盛り上げて、プロチームを作っていただければ、札幌ドームでも何試合か出来るんじゃないかと思っております。札幌ドームにもラグビーワールドカップ開催を契機にラグビー用ゴールポストを導入しましたので、年に何回かはラグビーの試合で使っていきたいです。また、ラグビーワールドカップでは世界初となる完全屋内での試合を札幌ドームで開催したことはインパクトがありましたので、このアドバンテージを上手く使ってこの札幌ドームでも野球・サッカーのみならず、ラグビーもどんどん開催できれば良いと思っております。

キャリーバッグなどの大きなお荷物について

「キャリーバックなどの大きな荷物を置くところと言うのも課題の一つではないかと思います。ベビーカーのようにキャリーバックにカギを付けて保管できるところを増すなど、インバウンドや道外のお客様向けの対応をしたらもっと集客が増えるのではないかと思います」(40代・男性)

当社から:現在はコインロッカーで対応させていただいており、野球・サッカーの場合は館内のコインロッカーをお使いいただいておりますが、道外からキャリーバックを持ってくる人が多いコンサートなどの場合、現在はコインロッカー使用禁止となっております。なぜかというと、コンコースが大変混雑している中、コインロッカーで滞留するお客さまがいると、さらに混雑するということが主な理由です。それでは、屋外にどこかコインロッカーを設置することが出来ないかという話になりますが、北ゲートそばも退場時は混雑するので設置できないという状況です。このことは当社としても課題として認識しています。

屋外の照明について

「外灯について他の方からの要望ありませんか?帰るときドームから行ったら福住の駅に向かって左側だけ外灯がついていて右側の方にもあった方が良いと思います。階段が暗いと思います。ラグビーみたいに大きい人ばかりいると陰になって暗くなってしまう。片側だけではなくて右側にも付けていただければもう少し良くなるのではないでしょうか」(60代・男性)

当社から:数年前の照明を増やし照度を増強したのですが、街路樹とちょうど同じくらいの高さに付けているため、剪定の具合で暗くなっているのかもしれません。照明関係につきましてアリーナの照明はLED化しましたが、それ以外のエリアについても少しずつLED化して行こうという計画を立てています(2020年3月までに、南北通路と北ゲート前の照明LED化工事を行う予定です)。数年にわたって作業することになると思いますが、照明の見直しもありますので、このたびのご意見を反映して、なるべくお客さまのご要望のある場所から早目に着手できるような形で進めていきたいと思っております。

座談会・オンラインリサーチのご感想

座談会の最後に、話しそびれたこと、今回参加した感想などをお聞きしました。

座談会の様子2

「このたびはお昼もおいしいものをいただきまして有意義に過ごさせていただきました。2つ希望があります。ぜひディズニーランドやUSJのような短期でもいいのでそう言ったイベントや施設を作ってもらえると子供たちも嬉しいと思います。もう一つは、コンサドーレ戦時にメンバーズクラブのくじ引きをやっているのですけれども、ちょっと遅れていくとボンフィンを貰えなかったりするのですごく悲しくなったりします。だいたいハズレなんですけれども、その時以前は「ポケットティッシュでーす!」と言われていたのが、最近は「ハズレです」と言って渡されるので、すごく試合前にシュンとなってしまいます」(40代・女性)

「ドームの中の色々なところを見させていただいて札幌市民にとっても誇れる施設であって欲しいし、海外のお客さまもすごい施設なので見に行ってみたいというような施設になって欲しいなと思います。ファイターズが北広島に移転したら、多分あまり私も見に行かないと思いますが、サッカーやラグビーの世界大会を見に行きたいと思いますし、イベントの無い日でも何かスポーツに出来る施設があると良いなと思います。頑張ってほしいです。応援しております」(40代・女性)

「コンサドーレ戦時は、札幌ドームさんブースがあるのに、ファイターズ戦時はないですよね。北ゲートにある総合案内も17時で閉まってしまいます。なんで札幌ドームさんの総合案内がないのかなと思います。総合案内は17時に閉まるのではなく7回表まで場内のどこかにあるのも良いかなと思っております」(60代・男性)

「貴重な経験をさせていただきましてありがとうございました。裏側の施設の案内でこのようになっていたのだと普段見ることがないドームを、客としてではなく座談会でどのような風にして行ったらもっとみんなが使いやすい未来のドームになるのだろうと言うことを考えながら、いただいた日ハムやコンサドーレのチケットで観戦して自分自身もいい刺激になっていい経験したなと感じました。今後は10.20.30年ごと進化した札幌ドームになっていってっくれたら良いなと思っておりますので、また機会がありましたら座談会などに参加したいと思っております。応援しております」(40代・男性)

「初めて人が居なくて、コンクリートむき出しで、収納してあった座席の状態を普段見ることのないものを色々見れて、また女子トイレも初めて入りました。いろいろアンケートで読んで頭でわかっているのと実際に見て分かるのとは違いがありました」(60代・男性)

「ファイターズが移転してからのお話し、色々心強く聞かせていただきました。更に頑張って、先ほど赤字の話もありましたけれども将来の展望を聞きまして心強いなと思いました」(60代・男性)

「世界に誇るホヴァリングサッカーステージは、札幌ドームにとっては非常にチャンスだと思っております。この素晴らしさを世界に発信していってほしいと思います。経営についても大丈夫だよと言う話がありましたので安心しました」(70代・男性)

ページ上部へ